やらないとブスになる!「低体温」の超手軽な解消法10個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸外から室内に戻ると、太ももやお尻がすごく冷えていたという経験はありませんか? 

本来なら36.5〜37℃であるはずの平熱が、35℃台に下がっている女性が増加傾向にあります。思い当たることがあるあなた、放って置くと女性としての魅力が半減してしまうかも!?

体温が1℃下がることで免疫力はなんと30パーセントも減少、月経痛・PMS・不妊・肩こりなどの原因になってしまいます。

月経前のイライラや腹痛が軽減できれば、笑顔でいられる時間が増えると思いませんか? 曇った笑顔では魅力も半減、「あの人なんだかかわいくないなぁ」と思われてしまう前に低体温を克服しましょう。

 

■低体温を解消できる温活10個

(1)禁煙

男性より血管が細いため、女性のほうが冷えやすくなっています。喫煙は毛細血管をさらに収縮させるので、できることなら今すぐやめましょう。肌つやもかわってくるはずです。

(2)筋肉をつける

冷えを溜め込んでしまう脂肪を燃焼させるには、ある程度の筋肉が必要です。低体温を実感した方は、すきま時間を使ってできるだけ体を動かしてみましょう。一時的な筋トレよりも、毎日続けられるものを。

(3)香辛料を控える

一時的に体が熱くなりますが、その後体温を下げようという働きがおこるため、かえって体温を下げることに。暑い国に辛い食べ物が多いのは、そういう理由なのですね。

(4)岩盤浴・溶岩浴をする

石の上に横になるだけで全身を芯から温めてくれる上、汗をかいてデトックス。体の水分を入れ替えるような爽快感があります。強制的に体温をあげる習慣をもつことで、徐々に低体温からぬけだせます。

(5)ハンドタオルの活用

電車に駆け込んだ瞬間に冬でも汗が出るという方は、体が冷えないうちにハンドタオルで汗を拭き取りましょう。寒さを感じたら洋服と腹部の間に挟んで、即席の腹巻き代わりに。

(6)下着のサイズを見直す

補正専用のきつすぎる下着を身につけている方は、血行が滞りがちに。新鮮な酸素を体の隅々まで送って温まるために、サイズを見直してみましょう。

(7)朝食を摂る

朝食は一日の代謝をつかさどる大切な栄養源。少量でも良いのでタンパク質をとるように心がけましょう。

(8)ストレスを溜めない

免疫力と密接な関係にあるストレス。自律神経が狂うことも低体温の原因のひとつです。自分なりのストレス解消法を見つけてみましょう。

(9)低温風呂に浸かる

少しぬるいと感じるくらいの温度で20分以上湯につかると、体表面の体温を上げることなく芯から温まることが出来ます。体表面の温度が上がると、体が疲れて負担になるので注意しましょう。

(10)朝日を浴びる

 体の機能を最大限に発揮するには、昼夜のメリハリをつけた生活を送ることが大切です。朝日を視界と皮膚で感じることで目覚めれば、体は一気に活動モードに。

 

いかがでしたか? 妊活や避妊活に役立てるためにも、基礎体温を計って自分の平熱を把握するのもよいかもしれません。心身ともに温かい女性でいたいですね。

 

【関連記事】

※ 冬までには覚えておきたい「カイロ」の便利な使い道5つ

※ 驚くほど簡単!誰でもすぐにできる「冷え性」対策まとめ

※ 不調な時はココを温めればOK!一番早く冷えが取れる部位

※ 寒さで辛いときに「体をポカポカ温めるアイテム」ベスト4

※ 今夜すぐ始められる「冷え」から完全に卒業するテク5つ