海外セレブも大注目! お正月の余った「日本酒」で美肌作戦♪

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流行発信地・ニューヨークでは、SUSHI(寿司)・SASHIMI(刺身)と並んで、今『SAKE(酒)』が大ブーム! ここで言う『SAKE(酒)』とは、もちろん『日本酒』のことを指します。日本酒は健康と美容にも良いヘルシーなお酒として、和食を扱っているダイニングをはじめ、有名レストランなどで白ワインやシャンパン代わりに愛飲されているとか。

日本でもお正月は特に日本酒を飲む機会が多いですが・・・。日本酒は「飲む」だけじゃない! 余った日本酒を利用して、美肌ケアがお勧めです。昔から肌に良いといわれていた日本酒ですが、なんと海外セレブの間でも、『日本酒を化粧品として利用する』のがアツイ! とちょっとしたブームになっているのだとか。

 

確かに、日本酒に含まれる麹の成分が肌を白く・しっとりさせる効果に優れていることは、科学的にも証明されています。

余った日本酒活用法として一番お手軽なのは、藤原紀香さんも実践しているという『日本酒風呂』。浴槽の中に日本酒200mlを入れるだけ。保温効果にも優れているので、湯冷めもありません。

他には、日本酒と精製水を半々に割って手作り日本酒化粧水を作るのもお勧め。手軽にスプレーできる容器に入れておけば、ボディの乾燥対策にも最適です♪

自分で何かするのは面倒!という方のために、日本酒の美容グッズも豊富に発売されています。まだまだ続く、乾燥した真冬の日々。毎日のケアに日本酒を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

■入浴剤 『菊正宗 美人酒風呂』
創業は万治2年(1659年)の超老舗酒蔵『菊正宗』が開発・発売した、コメ発酵液(保湿成分)をたっぷり含んだ入浴料。コメ発酵液には天然保湿成分がたっぷり含まれているので、美肌効果は抜群! お酒と竹の香りの日本酒風呂、梅酒風呂、熱燗風呂など種類も豊富。

『菊正宗』HP

■洗顔石鹸 『にごり酒せっけん shu』
美容グッズの中でも、日本の石鹸は天然素材から作られているものが多く、高品質と話題。特に日本酒が原料の有機栽培米『にごり酒せっけん shu』は、米ぬかと麹による美肌・美白パワーが感じられると好評です。

★  『shu』HP