迷惑だから絶対やめて!SNSでしちゃいけないNG行動8つ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアが広く使われていますが、ちょっとしたミスで社会的な信用を失ったり、そこまでいかなくても友達を怒らせてしまうことが多々あるようです。

楽しかったことやこれは皆に教えたいということを即座に書き込みたくなっても、書き込む前には少しだけ注意が必要。以下のような言動、あなたはしていませんか? もししていたら美人から遠ざかってしまうので、ぜひ改めてください!

 

■1:友人に関すること

有名人でなくてもプライベートは大事にしたいもの。それが結婚や出産ということなら、なおさらです。

どんなにおめでたいことであっても、友人がオンラインで発表するまでは、彼女らのニュースを勝手にオンラインで公表するは控えましょう。

また引っ越しや転職など、些細なことだと思えることであっても、他人に関することを伝えるのは止めましょうね。

 

■2:誰かと会ったことを話す

誰かと会って話をして、とても有意義だったとしても、それを公表するのは止めた方がいいかもしれません。

素晴らしい時間を過ごせたと思っても、人には様々な事情があるもので、もしかしたらあなたと会ったことを知られたくない可能性もあります。仕事上なら、なおさら気をつけた方がよいでしょう。

お礼をするなら個人的にメールやメッセージを送りましょう。

 

■3:子どもに関すること

子どもの可愛い笑顔が撮れたら、みんなに見せたくなりますね。

でも、自分の子どもでない場合は要注意。勝手にオンラインにアップするのは止めましょう。どうしても載せたい場合はまず親の許可をとるようにします。

 

■4:キツめのコメント

友達のちょっとした間違いをからかいたくなることもあるかもしれませんが、SNSでのやりとりは直接の会話とは違うので、気をつけなければいけません。

想像以上に相手が傷ついてしまう恐れがありますし、それを見た他の人から、あなたが意地悪な人と思われてしまう危険もあります。

 

明らかに迷惑行為や反社会的な言動はしていなくても、こんな「ちょっと迷惑」という言動はよく見かけますよね。SNS上でのマナーを身につけたいものです。

続いて【後編】では、お仕事上の関係に影響を及ぼすSNSのNG言動を見て行きたいと思います。

 

【関連記事】

※ 日本では常識的なことなのに世界では非常識にあたること

※ 外国人が「これは知らなかった」と思う日本の細かいマナーTOP10【前編】

※ 外国人が「これは知らなかった」と思う日本の細かいマナーTOP10【後編】

※ 6割の女性が経験アリ!意外と気付かない携帯マナー違反

⇒インターネットにおけるルールとマナーこどもばん公式テキス