今すぐ止めて!老化を早めるクレンジング方法10個【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「クレンジングが一番大切だと分かっている。でも、実際、どうしたら良いか分からない」という方も多いですよね。【前編】では、老化を早めてしまう、今すぐ止めるべきクレンジング方法を5つをお伝えしました。【後編】では、残り5つをご紹介します。

この冬は、乾燥で悩まなくて良いように、今のうちに美肌作りをしてください。

 

■絶対止めて! こんなクレンジングは肌を痛めてる

(6)クレンジング時間が長すぎる

クレンジングに、どのくらいの時間を費やしていますか? クレンジングの目的は、“油分(脂分)”や“汚れ”を落とす事です。長い時間をかけてクレンジングをしている人は、今すぐ止めてください。長すぎると肌が乾燥肌に傾き、シワの原因にもなります。クレンジング剤は、肌負担が大きいので、なるべく1分以内で済ませましょう。すばやく、かつ丁寧にすることがポイントです。

(7)水温が高すぎる

クレンジングの際、水温を意識したことがありますか? 水温が高すぎると、肌の潤い成分である、皮脂や保湿因子までも奪い取ってしまいます。高すぎる温度は、控えてください。 

(8)水温が低すぎる

逆に、水温が低すぎるとファンデーションや皮脂など、油分(脂分)が落ちません。冷水でのクレンジングも控えてください。 水温は、夏の水道水の温度を思い出してください。これが理想の温度です。

(9)洗い流し不足

丁寧にすすいでいますか? 洗い残しがあると、ニキビなどの肌トラブルを招いてしまいます。洗い残ししやすい、生え際やフェイスライン・耳周りは、特に気をつけてください。そして、洗顔中は、鏡を見る癖をつけましょう。

(10)拭き取りシートタイプのクレンジング

拭き取りシートを使っていますか? 拭き取りシートは、摩擦や刺激が大きく、肌に負担をかけてしまいます。最近では、手軽に化粧を落とせるからと、いろいろな種類が出回っていますが、特に、敏感肌・乾燥肌の方には控えていただいた方が良いでしょう。時間がない・洗面台がない・水を使えないなどという時以外は、おススメしません。

 

正しいクレンジング方法を身につけてからこそ、美肌を手に入れる事ができます。老化を早める、間違ったクレンジング方法や今すぐ止めて、この冬は、乾燥知らずの美肌を目指しましょう。

 

【美肌を保つ方法】

今すぐ止めて!間違いだらけの「秋のNGケア」5つ

実は化粧品を変えると危険?早く老ける人の特徴7つ【前編】

実は化粧品を変えると危険?早くふける人の特徴7つ【後編】

⇒この季節の乾燥肌にも!モイストクレンジングオイル