エイジレス美人がこぞって水泳でボディケアをする理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸能界には、実年齢よりもだいぶ若く見える方、年齢を重ねてもプロポーションをキープしている方がたくさんいます。

女優の吉永小百合さんは67歳になっても、とてもお綺麗で若々しく見えます。黒木瞳さんも、50歳を超えたとは思えないほど、本当に美しいです。石田ゆり子さんも42歳ですが、若い男性からも「かわいい」と定評があり、スタイルも抜群ですよね。

そんな年齢をかさねても美しい方たちが、共通して行っていることがありました。それは、“水泳”です!

水泳をやっている有名人は、他にもたくさんいます。モデルの山田優さん、道端アンジェリカさん、ミス・ユニバース・ジャパンの知花くららさん、宮坂絵美里さんなどなど。

海外では43歳になるジェニファー・ロペスさんや、2008年ミス・ワールド1位に輝いたクセーニャ・スヒノワさん、英国ウィリアム王子の夫人ケイト・ミドルトンさんなど、抜群のプロポーションで美しい方ばかりです。

今回は、美人の秘訣ともいえそうな水泳についてお伝えしたいと思います。

 

水泳は全身キレイに痩せられる

水泳は体全体を使うので、慣れない人にとっては、翌日必ず筋肉痛になるスポーツ。その分、普段つかっていない筋肉を動かせると同時に、有酸素運動ができます。

ランニングのように、ふくらはぎに筋肉がつきすぎる心配がないので、キレイに痩せるために適したスポーツだといえるでしょう。

知花くららさんは、ミス・ユニバースに応募する前は、どちらかというと女性らしい体型というよりは、しっかり筋肉がついた体型だったそうです。そこで知花さんは、適度に鍛えてしなやかなボディを目指せる水泳で、体型を整えたのだとか。

水泳でダイエットしようと思ったら、20~30分は泳ぐ必要があります。20~30分続けないと、有酸素運動の効果は感じられません。ノンストップでなくてもいいですし、ゆっくりでも大丈夫なので、がんばって泳いでみましょう。

泳ぎが苦手な方は、水中で歩くだけでも大丈夫です。陸より足腰に負担がかからないだけでなく、水圧によって運動効果が得やすいです。

 

水泳で美肌になれる

意外かもしれませんが、水泳を続けると美肌になれちゃうのです!

その理由は、水泳で有酸素運動ができると、血液循環がよくなり、代謝もよくなるため。つまり、栄養の吸収率もあがり、老廃物の排出もしやすくなるので、美肌になれるのです。

水泳をしている人が若々しく見える理由は、ここにあったのですね。ただ、水泳後はお肌が乾燥しますので、化粧水、乳液をお忘れなく。

 

市営プールを活用しよう

水泳をしようと思ったら、まずスポーツジムを思い描くかもしれません。でもジムの場合、忙しい方は仕事やスケジュールの都合でなかなか行けず、入会金や月会費が損になってしまうこともあると思います。

そんな方には、市営プールがおすすめ。お住まいの地域によりますが、だいたい1回300~500円で利用でき、時間制限がないところもあります。場所によっては、歩行専用プールや、ジャグジープールなど充実した施設もあります。

また、ジムほど気合いを入れて行かなくてもよいので気軽に行けますし、お友達とおしゃべりがてら歩行プールを歩くのもよいでしょう。地域によっては、アクアビクス教室などを行っているところもあるので、利用するのもオススメです。

 

水泳は、ストレス解消にも最適です。のんびり泳ぎに行って、若々しく美しいプロポーションを目指してみませんか?

 

【関連記事】

※ 美魔女も愛用!嗅ぐだけでシワがとれるアロマ活用法

※ これで美人力アップ!老化を遅らせるための肌ケア2つ

※ 実はブラジャーをすると「逆に胸の老化が早まる」と判明