胸が大きくならない原因は「バストの冷え」だと判明!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、今バストをさわってみてください。冷たくなっていませんでしたか? 冷たかった方は要注意です!

ふくよかで柔らかいバストは、女性みんなの理想ですよね。バストアップのために、バストによい食べ物や飲み物、サプリなどを摂っている方もたくさんいらっしゃると思います。でもバストが冷たい場合、せっかくの努力がムダになっているかもしれません。

今回は、バストアップを妨げてしまう、バストの冷えについてお伝えします。

 

ひんやりバストがバストアップを妨げている

バストが冷えているということは、血行がよくないということ。血行の悪さは、いち早く改善する必要があります。

バストアップに関わる女性ホルモンや栄養は、血液にのって体をめぐります。つまり、血行が悪ければ、大事なバストにホルモンや栄養が届かないのです! せっかく摂った栄養がムダになってしまいます。

まずは冷え性を治し、体全体の血行をよくすることが重要です。ストレッチをしたり足湯をするなど、積極的に血行をよくしたり、体をあたためるように心がけましょう。

 

バスト自体の血行をよくする

バストの血行をよくするには、マッサージが有効です。冬に耳や鼻が冷たくなるように、体から突き出ている部分は冷えやすいため、バストも特に気をつかってあたためる必要があります。

バストのマッサージは、血行がよくなる、お風呂の中やお風呂あがりに行うとよいでしょう。マッサージをする際には、皮膚を傷めるといけないので、マッサージオイルを使用してください。マッサージオイルがない場合は、オリーブオイルで代用しましょう。

では、マッサージの方法です。

 

(1)マッサージは、まず肩甲骨から行います。右手で左の肩甲骨をさわり、肩を揉む要領で肩甲骨を下の方から肩にかけて揉んでいきます。

(2)肩まできたら、鎖骨を人差し指と中指で挟むようにして、体のなかに指を押し込むような感じで、肩から中心に向かって揉んでいきます。

(3)反対も同様に、左手で右の肩甲骨をさわって行います。

(4)両方が終わったら、親指で左右の脇の下をぐりぐりとマッサージします。

(5)次に、バストを片方ずつマッサージします。まず少し前かがみになり、右のバストを、左右の手を交互に使って、下から上へと撫で上げます。10回行ってください。

(6)次に、右のバストに向かって、横から背中のお肉を集めるように、左右の手を交互に使って10回さすります。

(7)左のバストも同様に行います。

(8)両方のバストのマッサージが終わったら、手のひらを広げ、中指が乳頭の上にくるようにバストの上にのせます。そしてそのまま少し力を加えて円を描くように手のひらを動かします。

 

これで終了です。終わるころには、バストはとてもぽかぽかした状態になります。肩こりの解消にもなりますよ。

毎日行えば、バストの冷えをなくし、よりバストアップしやすい状態にすることができます。また、乳がんの早期発見にもつながるので、ぜひ毎日ご自分のバストをかわいがってあげてくださいね。

 

【関連記事】

※ 実はブラジャーすると「逆に胸の老化が早まる」と判明

※ 超ショック!間違ったブラ着用でこんなにバストが垂れる

※ 食べるだけで胸が大きくなる!超簡単ハワイ式の丼ごはん