首のシワの原因は●●だった!シワを作らなくする生活習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シワがあると、一気に老けて見えてしまいますよね。眉間のシワは、老けて見えるだけでなくコワい印象を与えますし、いつも不機嫌そうに見えてしまいます。ほうれい線も、あればぐっと見た目年齢が上がってしまうし、首のシワは年齢の象徴ともいわれます。

そんなシワは、乾燥やコラーゲンやエラスチンの減少が原因。シワをケアするためのコスメを使われている方も多いと思います。

乾燥やコラーゲン、エラスチンケア以外にも、忘れてはいけないポイントが! 今回は気をつけたい“シワをつくらないための習慣”をご紹介したいと思います。

 

■1:眉間にシワがよる原因をなくす

まぶしいとき、考え事をするとき、眉間にシワをよせていませんか? まずは少し意識して、眉間にシワを寄せる回数を減らしましょう。

まぶしいときはどうしても眉間にシワがよりがち。お天気がいい日に、車を運転している女性を見ると、多くの方が眉間にシワを寄せています。

それを防ぐには、サングラスをかけましょう。夏だけでなく、まぶしくて眉間にシワを寄せてしまう人は、年中使用することをオススメします。

サングラスは、目と目の周りをしっかり保護するので、乾燥しがちでシミができやすい目元を紫外線から守れるという利点もあります。年中UVケアをするように、サングラスも年中活用してみてください。

また、視力が悪いと目を細めてしまいます。これも、気づかぬうちに眉間にシワを寄せる原因。

きちんと度のあったコンタクトレンズやメガネを使用しましょう。

 

■2:ほうれい線をなくすには笑顔に自信をもつ

ほうれい線は、自信のない微妙な笑顔も原因になります。あなたはしっかり口角をあげて笑っていますか?

口周りや頬の筋肉を使わないでいると、ほうれい線や頬のたるみは進行します。

口を横にしっかり開いて、口角を上にあげて笑う練習をしてみましょう。毎日鏡で練習すれば、口周りと頬の筋トレにもなりますし、すてきな笑顔が身について印象もぐっとよくなるでしょう。

 

■3:首のシワをなくすには枕を変えてみる

首がシワシワでは、どんなに顔だけメイクでカバーをしていても年齢を感じさせてしまいます。

デコルテまでを顔だと意識して、しっかりお手入れしている方も多いと思いますが、首のシワのためには、まず枕を見直すことが大切です。

枕は高すぎても低すぎても、体に負担がかかり、シワができます。

自分にあった枕とは、枕に頭をのせて仰向けになり、左右を向くときに、肩と腰が同時に動くものです。肩だけが先行してしまったり、腰だけが先行してしまう場合は、体に合っていないといえます。

寝具屋さんで相談しながら、最適な枕を見つけましょう。

 

いかがでしたか? コスメだけではなく、日常の少しの意識でシワをつくらない生活を心がけましょう。

 

【関連記事】

※ 老け顔に見える「目元のシワ」を隠す最強メイクテク3つ

※ 若返り成分は嘘!? ほとんどの女子が勘違いしている事実

※ 日々減り続けるコラーゲンを効率よく摂取するコツ2つ