カスカスの液が復活!マスカラ節約テク2連発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはどのくらいの頻度でマスカラを交換されていますか? ほとんどの方はまだ残っているけれど固まってしまったから次を……というケースが多いのではないでしょうか。

せっかく購入したのだから、使い切りたいところですが、なかなかそうはいかないもの。ところがケア方法を知りさえすれば、使い切ることも可能だったのです。そこで今回はマスカラを長持ちさせる復活術をご紹介します。

 

瞬間復活ケア2連発!

朝のメイクは手早く済ませたいもの。そんな時間のないときにもサッとマスカラを復活させるテクは以下のとおりです。

(1)本体を温める方法

マスカラ液の入った本体の半分くらいまでを50度ほどの熱めのお湯につけます。

水分、黒い顔料、油分が主成分のマスカラは、使用の際の開け閉めで水分が飛んでしまい、油分が固まってしまうことが最後まで使い切れない原因です。

そのため外部から温めることで油分を溶かせば、復活できます。ドライヤーを使う方もいるようですが、容器が変形する場合があるので温度にご注意を。

(2)専用の薄め液を入れる

100円ショップのダイソーで密かにロングセラーとなっている『エルファーマスカラよみガエル』を1滴ずつ入れてマスカラの溶け具合の様子をみましょう。

足りない場合はさらに数滴足し、フタをしたら本体ごとよく振ります。固まった成分が溶けていれば、またしばらく使えるようになります。

 

普段からできるケア方法

固まったマスカラを溶かすテクニックをご紹介しましたが、マスカラ液を固まらせず、長く使えるように普段から以下のことも心がけてみてください。

 

(1)使う際にはフタをぎゅっと閉める

 水分の気化を防ぐため、使用した際は毎回きっちりとフタを閉めましょう。

(2)空気を本体に入れないようにする

マスカラは、ブラシを出し入れする際、空気が中に入ることで乾燥が進んでしまいます。出し入れの回数をできるだけ減らし、ブラシを本体にしまうときには空気が入らないよう、そっと扱うようにしましょう。

(3)固まったマスカラは放って置かない

本体とブラシの間に固まったマスカラを、そのままにしておくのもフタが密閉機能を発揮できず乾燥の原因に。できれば毎回ティッシュで拭き取るなどしてきちんと閉まるようにしましょう。

 

いかがでしたか? 化粧水や美容液、天然オリーブオイルを入れたりする方もいるようです。ウォータープルーフやカール成分の強いものは、その機能が損なわれることもあるので、入れ過ぎに注意しながら固まってしまったマスカラを復活させてください。

 

【関連記事】

※ 超危険!どんどん「まつ毛が抜けちゃう」NG習慣7つ

※ 放置は危険!進化するまつ毛メイクの陰でダメージ急増?

※ 新生活の前に覚えておきたい「朝5分」の時短メイク術

※ 今すぐやめて!まつ毛の寿命を縮めちゃうNG行動ワースト5

⇒ 2012年上半期楽天オリジナルコスメ大賞のまつげ美容液