老けて見えるパーツの見た目年齢を下げる最強テク3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ涼しくなり、秋ファッションの人をよく見かけるようになってきました。秋はファッションと合わせてメイクすると、少し大人びた落ち着いた色合いになりがちです。大人びたメイクと聞けば印象はいいですが、年齢があがってくると大人びたメイクより知りたいのは、若々しく見えるメイクかも……。

でも、ただやみくもに明るい色に変えてメイクすると、余計老けて見えてしまうことも! まずは“年齢とともに出てくる特徴を良く理解してメイクする”ことが大切。ということで、今回は他の人より断然若く見えるテクニックをご紹介します!

 

たるみ解消テク

男女の性差を楽しむサイト『Menjoy!』の「夏に男性が気になる女性の体はやっぱり●●と判明!」という記事にもありましたが、男性は顔・アゴのたるみを意外にもよく見ているとのこと。

フェイスラインには、陰影をつけるよう、シャドウを入れるのはご存知の方も多いと思います。でも実は、フェイスラインだけでなく、頬もたるんで凹凸が少なくなってきています。そんな時は、頬骨の上部に光を入れて、ふっくらさせるのがオススメ。

頬にはチークだけでなく、ハイライトもいれましょう。頬の位置が上がって見え、ハリと立体感も生まれて若々しい印象になります。

しかし、ここで落とし穴が。目尻のシワが目立ってきている人は、パール感のあるハイライトがシワに入らないようにしましょう。シワにハイライトが入ると、余計シワが目立ってしまいます。

 

しぼんだ唇解消テク

年齢とともに体内の水分量は減少し、唇も水分が減ってきます。そうすると見た目の潤いがなくなるだけでなく、ふくらみがなくなってきます。そこで『美レンジャー』の過去記事「簡単なのにスゴイ効果!マスクするだけで肌しっとり」でも紹介しましたが、マスクを常に着用しましょう。

マスクはこれからの時期、特に唇を乾燥から守ってくれるのでかなりオススメです。マスクをしている間は、口元は誰にも見られていないので、ちょっと多めにリップクリームを塗って、こっそりリップパックするのはいかがでしょうか?

 

下がった目尻解消テク

目元については「1日1万5,000回!まばたきによって起る老化現象とその対策法」でもご紹介しましたが、目の周りの筋肉も酷使されることで目の周りの皮膚がたるみ、目尻も下がりがちになります。

そこでオススメなのが、アイラインを引くこと。ポイントは、“目を開けたまま描く”ことです。ほとんどの人が目を閉じて描きがちですが、そうすると余計目尻を下げてしまいます。目尻にアイラインを描く時は、目を開けて自分のまつげか、目尻の切れ目と合わせながら描くようにします。そうすることで下がった目尻の印象をカバーできます。

 

いかがでしたでしょうか? まずは、水分の少なくなった顔にふくらみを出すことから始めてみてください!

 

【関連記事】

※ 30秒で無料診断!あなたの美容オタク度はどのレベル?

※ 肌トラブルを一気に解消してくれる「体が喜ぶ」保湿美容液

※ ヒアルロン酸の130%の保水力!内閣総理大臣賞受賞の新成分とは?

※ 今すぐやめて!間違いだらけの「秋のNG肌ケア」5つ