残りもので「目の下のクマ」を驚くほど消すテク5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下のクマ、できてしまいがちですが、あると気になりますよね。せっかくのアイメイクも、クマがあっては台無しです。

コンシーラーで隠すと、厚塗りになってしまうし、目元用クリームは高くてなかなか買えない……。そんなお悩みのある方は必見です!

今回は、冷蔵庫の余りものを使って、クマを消してきれいな目元になれる簡単ケアを、フランスの美容サイト『Femminize』より5つご紹介します。

 

■1:緑茶でクマ消し

緑茶を楽しんだ後のティーパックを2つ用意します。ティーパックではなく、葉をそのまま使う場合は、ガーゼなどで包んで使います。それを顔にのせ、5分おいて終了です。

緑茶には抗酸化作用があるといわれ、クマ以外にも、美白やエイジングケアなどの美肌効果があります。クマの上だけでなく、顔全体にのせましょう。

 

■2:コーヒーの出し殻でクマ消し

コーヒーの出し殻も、捨てずに美容に役立てましょう。出し殻をクマの上にのせます。そのまま15分おき、やさしくコットンでふき取ります。

さらに、天日干ししたコーヒーの出し殻は、炭に似た性質があるので、お部屋のにおいが気になるところに置けば、脱臭効果を発揮します。コーヒーの出し殻は、パックにも脱臭剤にもなるので、捨てるのはもったいないですね。

 

■3:じゃがいもでクマ消し

じゃがいもを使い切れそうにない時は、捨てずにパックにして使い切りましょう。じゃがいもを、うすく輪切りにするか、おろし器でおろします。それをクマの上にのせ、15分から20分おき、洗い流します。

輪切りは2枚しか使わないので、じゃがいもを料理に使うたびにパックすれば、美肌をキープできそうですよね。

 

■4:レモンでクマ消し

レモンは、過去の記事の「恐怖の老化を驚くほど食い止める魔法の飲み物が判明!」で触れたように、美容や健康にとてもよい食材です。

レモンでクマを消す方法は、まずレモンを絞ります。そして、コットンをレモン果汁に浸し、オリーブオイル少量を全体に垂らします。それをクマの上にのせ、15分から20分置いて洗い流します。

このパックは夜に行うのがオススメです。

 

■5:きゅうりでクマ消し

きゅうりは昔からパックに使われてきたそうです。ビタミンCと水分が豊富で、保湿にも適しています。きゅうりの輪切り2枚を、クマの上にのせます。こちらも輪切り2枚しか使わないので、きゅうりを使うたびにパックするのもよし、顔全体にのせるのもよしです。

 

いかがでしたか? 簡単にお金をかけず余りものでできてしまうケアなので、ぜひトライしてみてくださいね。

(体質によってはお肌に合わない場合があるので、目立たないところでパッチテストをしてからお試しください。)

 

【関連記事】

※ ギスギスせずにお金が貯まる!究極の「節約」美容術5つ

※ 実質0円!お金をかけずに肌の色を明るくできるテク3つ

※ 知らなきゃ損!タダで美人になれる「0円美容法」ベスト5

※ 余り物が大変身!節約しながら「美的」入浴剤を作る方法

⇒ クマを隠し、ふっくら明るい目元にするクマ専用美容液

【参考】

※ 5 anti cernes naturals! ‐ Femmezine