会社で本気でドン引きされる「NGファッション」まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回まで自分では気付きにくいNGファッションについて、“健康に悪いもの”、“男ウケが悪いもの”に分けてお伝えしてきました。最終回となる今回は“会社ウケが悪い”NGファッションをご紹介します!

ファッションのNGとされるボーターラインは、それぞれの会社文化によっても異なります。しかし、一般常識として理解しておくべきラインはあるようです。いくら仕事では優秀でも大人としてのマナーを守れないと、せっかくの努力が台無しになってしまうことも……。そんなことにならないよう、どんなファッションが会社ではNGなのかを、理解していきましょう!

 

ショートパンツはNG? OKな露出度は男女差があった! 

露出度の高いファッションは会社では着ないでおこう、大多数の方は当然のようにそう思っているはず。しかし、この“OKな露出度”のレベルについては、人によって大きく異なります。

例えば、既にオフィスファッションとしても定着化しつつある、ショートパンツについては、約半数の男性がNGだと思っていることを「実は超厳しい女性の会社での格好について男性の本音」でお伝えしました。

そして一番NGと思われているのが、キャミソールなど肩が大きく開いているファッション。いくら上品なデザインであったとしても、露出度が高いアイテムはオフィスには不向きのようです。

さらに前かがみになったときに、下着がちらっと見えてしまうなど“胸元”の露出度が気になっている男性は約7割。そんなマナー違反の服装について、多くの方が言えないまま不安に思っていることを「見直さないとヤバイ!職場で痛いとされるNGファッション」の記事で明らかしました。

「チュニックはNG?男性がガッカリするファッションまとめ【後編】」でもご紹介しましたが、ローライズパンツから下着がのぞく女性の姿はまったくセクシーでもなく、単にだらしがないイメージを抱かせてしまうのです。

 

3つのカテゴリに分けてお伝えしてきた、NGファッション。すでにNGなものとして避けていたものもあれば、意外なものもあったのではないでしょうか。オシャレを心から楽しむためにも、自分で自分を格下げしてしまう可能性のあるファッションはあらかじめ理解しておきたいですよね。

 

【関連記事】

※ オシャレだけど実は体に悪い「NGファッション」まとめ

※ 男がどうしても許せない女の「NGファッション」まとめ

※ 会社で本気でドン引きされる「NGファッション」まとめ

[click]大きなファーティペットとドット柄フリルの可愛いニットワンピース