登山で「女子力スゲー!」と言われるためのポイント5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、山に登る女子“山ガール”が増えてきたと思いませんか? 一昔前は、登山というとパッとしないウエアを着て、ひたすら歩き続けるツライものというイメージがありましたが、どうやら最近は違うようです。

今回は、山ガールが急増している理由を解明していきます。

 

山ガールが急増している理由

20代から30代の若い女性が登山に参加するようになった理由は、以下の5つです。

(1)オシャレなウエアが豊富にあり、ファッションを楽しむことができるようになったから

(2)社会でもパワフルに活躍する女性が増え、アウトドアにも積極的に参加するようになったから

(3)登頂後は、日常生活では得られにくくなった達成感を味わえるから

(4)脳内でセロトニンという化学物質が分泌されて、頭がすっきりする、リラックスする、不安な気持ちが軽減するなどの効果が得られるから

(5)美しい景色を見ることで、忙しい日常を忘れて気分転換をすることができるから

このように行動的な山ガールなのですが、登山中でも常にキレイでいたいのが女心ですよね? 次に、周りの女子と差をつけられる“山の中でもキレイでいるコツ”についてお話します。

 

山の中でもキレイでいる5つのポイント

登山中はなかなか鏡を見る機会がないので、気がついたらメイクも髪もボロボロなんてことになりやすいですよね。そうならないために力を入れておきたいのは、以下の5つのポイントです。

(1)出発前のスキンケアは保湿に力を入れる!

乾燥した肌は過剰な皮脂を出してメイク崩れを早めるだけでなく、日焼けしやすくなります。どうせ汗をかいてベタベタになるからと軽めのスキンケアですませるのではなく、保湿重視のケアをしましょう。

(2)バッチリメイクはNG!

自然に囲まれた山の中で、バッチリメイクは不自然です。ファンデーションを厚く塗ると汗でドロドロになるし、こってりマスカラはパンダ目になります。ファンデーションを塗った後は、スポンジで余分な油分をおさえ、マスカラはウォータープルーフか、ぬるま湯で落とせるフィルムタイプのものを選びましょう。

(3)UVケアはしっかりと!

山頂は、平野部と比べて紫外線が強いです。メイクの上からも使えるスプレータイプの日焼け止めを2~3時間おきに使用しましょう。

(4)汗はこすらずにおさえる

汗をかいたからといってタオルでゴシゴシとこするのはNGです。これではメイクが落ちるだけでなく汗をかいた後の敏感な肌にダメージを与えてしまいますので、こするのではなく、優しくおさえるようにしましょう。

(5)まとめ髪ですっきり

登山中は、長い時間歩き続けて汗をかくので、髪はすっきりとまとめ髪にしてしまいましょう。また、帽子をかぶるので、それに合わせたヘアアレンジを楽しみましょう。

最後に、持っていくと女子力が高いと思われる登山グッズをご紹介します。

 

女子力が高いと思われる登山グッズ

登山の必需品といえば、リュックにトレッキングシューズですよね。ここでは、持っていると女子力が高いと思われる登山グッズをご紹介します。

・登山用のリュック(25Lから30Lで腰ベルトが付いているものがよい)

・登山用の靴

・雨具

・帽子

・グローブ

・汗ふき用のタオル

・高性能なウエア(スカート+レギンス+レッグウォーマーが人気)

・絆創膏や湿布、薬類

・スプレータイプの日焼け止め

・速乾性のあるインナー、下着

・下山後の着替え(着替えやすく体が楽なマキシ丈のワンピースが人気)

・水やカロリーの高い非常食

・虫よけスプレーや、痒み止め

・ストックステッキ

・ごみ袋や汚れものを入れるビニール袋

・ティッシュ

 

9月から11月は、紅葉を楽しみながら登山ができる山ガールにとっては最高の季節です。これまで登山をしたことがない人も、まずは登りやすい山へ足を運び、自然の雄大さに癒されてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ バーベキューで「女子力スゲー!」と思われる持ち物6つ

※ お花見で「女子力スゲー!」と言われるための基礎知識4つ

※ アナタの「すっぴん女子力」はどれくらい?無料でズバリ診断!

※ 機械オンチでも大丈夫!最強「女子力UPアプリ」ベスト3