もう老けて見られない!ちょっとしたメイクのコツ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日女性が行うメイク。自分に100%あったメイクをしている自信があなたにありますか?

メイクを落とした、すっぴんのほうが若い方って意外といらっしゃるのですよ。そこで今回、メイクをするときの若顔メイクと老け顔メイクのポイントを3つ挙げたいと思うので、参考にしてみてくださいね。

 

■1:ベースメイクにツヤ感がある

シミやシワが気になってくるとついついそれを隠そうと下地、コンシーラー、ファンデーションと塗り重ねてメイクが厚塗りになっている方。

隠したい気持ちは分かりますが重ねれば重ねるほどメイクは崩れてしまいますし、逆にカバーしてる部分が目立ってしまうことも。ファンデーションが粉浮きしている方は、極力最小限に抑えてみてください。薄く塗ることでツヤ感が増し、若々しくみえます。

 

■2:メイクの色が肌に合っていない

ファンデーションが白く浮いていると、不自然で無理している感じに。薄く塗っていても色が合っていないだけで厚塗りにもみえてしまいます。色を選ぶときは、首の色と合わせて選ぶと良いでしょう。メリハリ顔が大切なので、顔の中心はハイライトをのせるなど立体感あるテクニックも駆使してみましょう。

 

■3:輪郭がぼやけている

アイライン、リップラインなど輪郭部分がぼやけていると老け顔メイクの印象に。アイラインをしっかり入れて、リップラインをきちんと加えるだけで小顔効果も得られます。

黒色のアイラインを使うときつくみえてしまうこともあるので、優しくみせる効果もある茶色のアイラインを使ってみてください。目の色や髪の色など、自分にあったアイラインの色を見つけてみましょう。

 

このように、若々しいメイクを魅せるコツは、メイクアイテムを足していくのではなく、必要最小限に減らすマイナスのメイク。そして必要な部分にはきっちりとしたメイクアップを行いましょう。

自分の顔に合ったエイジレスなメイクを研究してみましょうね。

 

【関連記事】

※ 「10歳若くて健康的な肌」に魅せるメイクテクニック2つ【前編】

※ 「10歳若くて健康的な肌」に魅せるメイクテクニック2つ【後編】

※ これなら今すぐできる!実年齢より若く見せる速攻テク6つ【前編】

※ これなら今すぐできる!実年齢より若く見せる速攻テク6つ【後編】

[click]がま口立て鏡(唐草・水玉タイプ)横12.5cm×縦18cm