放置するとマジで危険な「月経不順」から脱却する方法3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性に必ずついてまわる月経。憂鬱になってしまったり、お肌が荒れがちだったり、あまりうれしいものではありませんが、女性にとって大切なことですよね。

ですが、月経不順の女性が多いのが現状。あなたは月経不順を放ってはいませんか?

 

月経不順を放っておくと……?

女性が、子どもを授かり、出産するためには欠かせない月経。月経不順を放っておくと、不妊症になってしまう可能性があるだけでなく、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がんなどの多くの女性の病気を引き起こす可能性が出てきます。

最近では、不妊症や、何かと女性の病気に悩む人が増えているのだそうです。あなたも、放っておくと、取り返しのつかないことになるかもしれないのです!

しかし、なかなか月経不順だけでは、体の不調が実感できず、婦人科への足が重いのではないでしょうか。

そこで今回は、月経不順を改善し、若さや美しさを保つほか、女性が抱えがちな悩みを解決してくれる“漢方”を3つご紹介したいと思います。

漢方は、薬局などでも取扱いがあるのですが、婦人科へ行けば、先生が“本当にあなたに合った漢方”を処方してくれます。さらに、保険が適用されるので、薬局よりも安く手に入れられますよ。

 

月経不順を改善し、美人になれる漢方

(1)当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散は、比較的虚弱で疲れやすい人に処方される漢方です。月経不順、不妊症、冷え性、膀胱炎、更年期障害などの方に用いられます。腰や足が冷え、肩こり・頭痛のある人に向きます。美容効果としては、むくみ改善、シミ・そばかす、ニキビ・肌荒れ、小じわにもよいといわれています。

(2)温経湯(うんけいとう)

虚弱で体力のない人に用いられます。手がほてって、下腹が冷える方に向きます。月経不順、不妊症、冷え性、更年期障害などに使われる漢方です。手足の荒れや、皮膚や唇がカサつく方に用いられます。

(3)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

比較的体力のある方であれば使用できます。月経不順、不妊症、冷え性、更年期障害などに用いられます。冷えとのぼせがある方に向いている漢方です。便秘の改善、シミ・そばかす、ニキビ・肌荒れ、小じわにもよいといわれています。

 

いかがでしたか? 生理不順の改善以外にも、こんなに美容効果があるのなら、漢方を試してみる価値大ですよね! 月経不順の方も、そうでない方も、ぜひこの機会に一度婦人科へ行って、漢方をもらってみてはいかかでしょうか。

 

【関連記事】

※ これでもう薬に頼らなくてOK!生理痛を抑えられる食べ物

※ ほとんど知られていない生理痛を改善できる食べ物9つ

※ ナプキン選びで大違い!? 意外と知らない生理時の肌悩み実態

※ 生理前になったらまずやるべき「吹き出物」対策法

[click]フリルにギャザーのついた甘めな七分袖ワンピース

 

【参考】

木下繁太朗(1992)『女性のための漢方マニュアル』(大月書店)