災害時に携帯すべき「防災スキンケアグッズ」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月1日は防災の日。防災グッズといえばまず“飲料水”や“非常食”、“懐中電灯”など、生活に関わるものや身の安全を守るものが思い浮かびますが、女性にとっては“スキンケア・メイク用品”も、男性が思う以上に大切なもののひとつです。

緊急度は低いながらも、スキンケアやメイクをすることは肌の健康を守ることにつながり、被災して困難な状況でも安心感を得られたり前向きになれたりと、気持ちにも変化をもたらします。

そこで今回は最新の調査結果とともに、スキンケアの防災グッズリストをご紹介します。

 

半数以上の女性が「防災グッズにスキンケア・メイク用品が必要」と回答。しかし実態は?

今回ご紹介するのは、株式会社ドクターシーラボが自社のWEB会員237人を対象に行ったアンケート調査結果です(調査期間:2012年8月21日~8月23日)。

まず、「防災グッズを用意していますか?」という質問に対して、「用意している」と答えた人は57%。およそ2人に1人の女性が用意していることが分かりました。また、防災グッズの想定日数は「3日分」(63名)が最多となりました。

つづいて、防災グッズを備えている女性に「防災グッズの中にスキンケア・メイク用品は入っていますか?」と質問したところ、「はい」と回答した女性は25%にとどまりました。一方で「防災グッズとして、スキンケア・メイク用品を用意したほうがいいと思いますか?」という質問に対しては「思う」と回答した女性は63%に上っています。

防災グッズとしてのスキンケア・メイク用品の必要性は感じつつも、実際に用意している人は少ないという実態が明らかになりました。

さらに、防災グッズとしてスキンケア・メイク用品を用意している人に対してその内容を聞いたところ、「オールインワン化粧品」(79%)がもっとも多い回答となりました。

<防災グッズとしてスキンケア・メイク用品を用意していると回答した方は、どんなアイテムを用意していますか?(複数回答可)

1位:オールインワン化粧品 79%

2位:洗顔料 65%

3位:化粧水 41%

4位:クレンジング 38% 日焼け止めアイテム 38%>

オールインワン化粧品とは、化粧水や乳液など複数の機能がひとつになったスキンケア化粧品のこと。スキンケアがワンステップで済むという手軽さが支持されているようです。

 

これは用意しておきたい! スキンケアの防災グッズリスト

それでは、防災用のスキンケア用品としてどんなアイテムを用意しておけばよいのでしょうか? 軽量で持ち出しやすく、またストレスの多い避難生活の中でも手軽に使えるオススメのアイテムは次の通りです。

(1)クレンジングシート

肌の保湿成分をキープしつつ、メイクや汚れをしっかり落とすもの。水が使えない状況が考えられるため、水不要のクレンジングが良いでしょう。

(2)オールインワン化粧品

肌の乾燥は、さまざまなトラブルの原因に。ひとつで簡単にしっかりと保湿できるオールインワン化粧品は、たくさんのアイテムを備える必要がなく避難時においても最適といえます。

(3)日焼け止め

デリケートになりがちな肌をケアしながらも、紫外線から肌をしっかりガードするものが良いでしょう。メイクをする余裕がない時でも、日焼け止めをしっかりつけていれば肌を外的ダメージから保護することができます。

(4) BBクリーム

プライバシーを守るのが難しい避難先だからこそ、メイクしたいという女性も多いと思います。BBクリームなど多機能で肌に優しく、簡単にメイクアップ&オフできるものが良いでしょう。

 

いずれのアイテムも、肌に合ったものを用意しておくと安心ですね。かさばらないパウチ式のサンプルやミニサイズのトラベル用コスメも便利です。

防災の日を機に備えを万全にしておきたいという方は、スキンケア・メイク用品についても見直してみてはいかがでしょうか?

 

【防災特集】

※ 非常食と一緒に用意しておきたい「美容アイテム」9つ

※ あなたの備えは万全?震災のとき必要になるコスメ類8つ

※ 災害などの非常時に備えておきたいお役立ち美容法7つ

[click]女性向け防災セット『まもリン』

 

【参考】

防災グッズにおけるスキンケア意識アンケート(2011年の調査結果) ‐ ドクターシーラボ