その不調「内臓疲労」が原因かも!実は危ない臓器異常

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、自分の内臓が元気であるという自信がありますか?

内臓とひとことでいっても、肺、心臓、消化系、排泄系、生殖系と、私たちの体にはたくさんの臓器があり、それぞれが複雑に関係しています。

“やせない”“肌荒れ”などの美容悩みも、実は内臓の働きが大きく関わっているのです! 美容悩みの解決には、まず自分の内臓の元気度を知ることが、解決への第一歩といえます。

では、一体どうしたら自分の内臓の元気度がわかるのでしょうか。

 

内臓の元気度を測る『ノイロメーター』

内臓の元気度を、数値で測れる機械があります。それは、『ノイロメーター』という機械で、自律神経の状態を計測することで、内臓の状態を知ることができるというもの。

『ノイロメーター』は、肺、心臓、脾臓、肝臓、腎臓、心包、小腸、三焦、大腸、膀胱、胆のう、胃の状態を計測します。三焦とは、リンパのことです。

結果は、上記12の臓器の状態を、“正常”、“負担がかかりすぎ”、“虚弱状態”の3つで知ることができます。筆者の場合は、腎臓の働きが虚弱であるため、腸に負担がかかりすぎているという結果でした。このように、どこかが虚弱だと、他に影響を与えてしまうのです。

測り方は、手足のツボに短いスティック状のものを押し当て、皮膚の電気抵抗を調べます。それぞれのツボの数値により、内臓の元気度を出すことができます。

『ノイロメーター』は、整体やエステサロンなどで取り扱っていて、施術の前に測ってくれるところが多いです。医療機器ですが、個人でもインターネット等で購入が可能! お値段は、約6万円程度です。

 

内臓に元気がないとどうなるか

上記12の臓器が“正常”でないと、基礎代謝低下、水分代謝低下、血行不良、栄養吸収不足、ホルモンバランスの乱れなどを起こします。

それにより、便秘や下痢、やせにくい体質、お肌が荒れやすい体質、ハリ・コシのない髪、情緒不安定などになってしまい、さらには月経困難症や不妊症、生活習慣病などの病気を引き起こす可能性もあるのです。

自分はどの臓器が弱いのかを知ったら、その臓器を元気にする方法を探してみましょう!

 

いかがでしたか? これまで、どんな運動やダイエット法を試してもやせなかった人、どんなコスメや美容法でも美肌になれなかった人、その原因は内臓にあるかもしれません。一度、内臓の元気度を測ってみては?

 

【ダイエット特集】

※ 絶対やめて!ものすごく不健康なNGダイエット法トップ10【前編】

※ 絶対やめて!ものすごく不健康なNGダイエット法トップ10【後編】

※ ダイエットを頑張っても「体重が減らない本当の理由」10個【後編】

※ ダイエットを頑張っても「体重が減らない本当の理由」10個【前編】

[click]測定台にのると画面が自動で出てくるオートスライド式のコンパクト体重計『ノッテデール』

 

【参考】

※ 良導絡とは ‐ 良導絡研究所