頑張ってるのに!! なんでメイクって崩れちゃうの??

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧崩れ。お悩みの女子はたくさんいらっしゃるでしょう。どんなに頑張っても、朝仕上げた顔をずーっとキープするのは難しいのが現実だったりします。

「朝はキレイにメイクしても、昼を過ぎるとファンデーションがまだらになっちゃうの」「朝塗ったのに、とれてる~」「額と鼻の上のテカリが気になっちゃうんです」「目じりや口角のホウレイ線に、ファンデーションが寄ってしわができちゃう」などなど。
こんなご相談をいただくことが多いです。なんで化粧崩れをしちゃうのでしょう。根本をチェック!!

まず、化粧崩れの原因について。化粧崩れは主にこの3つによって起こります。

 

●汗

化粧崩れの原因と言えば、やっぱり汗!汗には水分と皮脂による油分が含まれています。 この油分がファンデーションを浮かせてしまって水分で流してしまいます。まさに、汗で洗い流しているような状況になってしまうのです。

一番良いのは、こまめに汗をぬぐうことです。お肌を傷つけないために、ゴシゴシではなく、優しく押さえる 程度にぬぐうこと。

 

乾燥

これからの時期は、乾燥が大きな要因となります。暖房の効きすぎた室内や車内。夏の紫外線のダメージを受けて 肌の保湿力が落ち、肌が水分不足になりがちだったりします。また、ファンデーションなどのパウダー状の化粧品は肌の乾燥を進ませてしまうんです。

 

皮脂

化粧品は油分によって緩み、落ちやすくなるもの。皮脂が出ることで、簡単に落ちてしまいます。紫外線や空調でダメージを受けてしまった肌や乾燥が進んで しまった肌は、水分自体が少なくなりすぎているので、潤そうと肌はいつまでも皮脂を出し続けてしまいます。油は油で落とすと言いますが、肌の表面でも同じこと。こうして、過剰に出てしまう皮脂により、化粧崩れが起こってしますのです。

 

原因は分かったということで。

んじゃ、どうしたらいいのよ~っ!! ということで、次回お化粧直しについてまとめたいと思います♪