危険だから絶対にやめて!NGな携帯電話&スマホの使い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話が急激に普及しはじめたころ、電磁波による健康への影響を心配する声がありましたが、今ではあまり話題に上がりません……。

技術の進歩によって、携帯電話が進化して、人体への影響はなくなったのかも! そう思っていたのですが、意外にも問題は解決されたわけではない様子。

というのも、携帯各社は“携帯を持ち運ぶときや身体に密着して使う場合、1.5cm以上離す”と説明書に記載しているのだそう。電磁波が体に悪影響を与えるという意見が一般的のようです。

例えば、国際基準になる世界保健機構(WHO)ではがんとの可能性も指摘し、どちらかと言えば慎重な姿勢を示しています。さらに、国によっては、特に抵抗力の弱い子どもたちに携帯の使用制限をもうけている国もあるくらい。

ヨーロッパ各国ではほぼ共通して、16歳未満の子供には使用を禁止すべきとしています。

 

枕元に置いて寝るのはNG

特に、寝るときに携帯電話やスマホを頭上に置いておくのは危険なのだそう。その理由は、なんと電磁波は頭部に吸収されてしまうから! 長時間、同じ場所でリラックスして寝ているときに、有害な影響が与え続けられれば、やはり体に影響がないとは言えないのでしょう。

電磁波の影響は、距離の2乗に反比例して減衰します。過剰に電磁波を気にする必要はないけれど、やはり寝るときくらいは体から離して寝るようにしましょう。

さらに、携帯電話を使うときには、体だけでなく肌にも影響があります。

 

液晶モニターから紫外線が出ている!?

携帯・スマホの液晶モニターは、高輝度化して明るくなっています。この明るさのもと(バックライト)からは、極微量の紫外線が出ているんです。

肌のためにも顔にぴったり当てて、長電話をするのは避けましょう。どんな時も日焼け止めを塗っておくことが大切になりますね。

電磁波に紫外線……。しかしこれらは極微量。さらに少し離しただけで、かなり影響は少なくなるものです。したがって、もっと気をつけたいのは以下のことです。

 

携帯電話はトイレよりも汚い!

考えてみれば、寝ているときも食事中も、さらにはトイレの中にだって持っていく携帯電話。そんな携帯電話は、実はトイレの便座や靴、ドアノブよりも、はるかに多くの細菌が繁殖しているのです。

汚れを意識していない方は、一度も消毒したことがないのでは!?

細菌の中には、黄色ブドウ球菌が含まれていることもあって、体の中に入ると肺炎などを引き起こすこともあるというから驚きです!

必ず、食事のときは携帯電話やスマホはしまいましょう。食事をとった手で、携帯電話を触ることがもっとも細菌が増殖する原因です。

抗菌作用のある濡れティッシュなどで、週に1回程度は液晶画面を拭くようにしましょう。

 

いかがでしたか? 

私たちの生活にはなくてはならないものとして普及している携帯電話ですが、実は知らなかった事実があったのではないでしょうか!?

“枕元に置いて寝る”、“顔にぴったり当てて長電話”、“食事中の使用”これらは避けた方が良さそうです。

 

【NGシリーズ】

※ ニキビやセルライトの原因になる!コラーゲンのNG摂取法

※ 危険だから絶対にやめて!薬と食べ物のNG組み合わせ8つ【前編】

※ 危険だから絶対にやめて!薬と食べ物のNG組み合わせ8つ【後編】

※ 男性が本気でドン引きする「NGな女性の後ろ姿」トップ10

[click]面白iPhoneケースシリーズ!スーパーのお肉