口元ケアをさぼると「7歳以上も老けて見えちゃう」と判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目を大きくみせることや肌を美しくみせることに比べて、ケアを軽視しがちなパーツがあります。それが、口元! 

ライオン株式会社では、現代の日本人の口元への意識、ケアの実態を明らかにするため、全国の20 代~50代の男女800 人(男200 人、女600 人)に対して 「口元に関する意識調査」を実施しました。

年齢に関係なく、若さや健康を保つ人が増えている昨今、自分の見た目について「自分は年より若くみえる」かを尋ねたところ、59.5%もの人が「あてはまる」「ややあてはまる」と回答。

一方で、口元については「自分の口元は若々しいと思う」という問いに対し、「あてはまる」「ややあてはまる」と回答した人は21.5%となり、パーツに関しては自信がない傾向が明らかになりました。

 

また、各パーツが「見た目年齢に何歳影響すると思うか」を尋ねたところ、肌では以下のような回答に。

「肌にツヤがない・・・+7.49 歳」

「肌が乾燥している・・・+6.14 歳」

「肌がくすんでいる・・・+7.29 歳」

口元については、肌と同等、またはそれ以上に見た目に影響すると考えていることがわかりました。

「歯がくすんでいる・・・+6.97 歳」

「歯茎の色が悪い・・・+7.62 歳」

「唇の色が悪い・・・+5.90 歳」

「ほうれい線が目立つ・・・+9.54 歳」

目立ちにくい口内の“歯”や“歯茎”も、それぞれプラス約7 歳と見た目年齢に大きく影響していると考えられており、口元は意外と人から見られているパーツであることがうかがえます。

 

いくらキレイにメイクをしていても、タバコで歯が真っ黄色に変色していたり、歯茎がやせてくすんでいたら、一気に老けて見えてしまうのも納得です。

意外に目立ってしまうのにもかかわらず、ついつい後回しにしてしまいがちな口元こそ、エイジングケアに本腰をいれてみてはいかがでしょうか?

 

【デンタルケアシリーズ】

3分でわかる!超シンプルな「ホワイトニング」の基礎知識

マジ!? 「毎日の食事で歯が溶ける」という驚愕の事実が発覚!

驚愕の事実が判明…リンゴは炭酸飲料よりも歯を溶かす

オシャレは歯にまで!? 「ティースアクセサリー」って何?