厚塗りカバーは「毛穴ブス」の原因!正しい毛穴ケアのコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴を隠そう、消そうと思って日々ファンデーションや、毛穴専用下地などに頼って厚塗り徹底カバーしている方。心当たりありませんか?

特に、夏は暑さで皮脂量が増えるため毛穴は開きやすくなる季節。加えてエアコンの長時間使用によって乾いた肌は、キメが荒れてしまうため、やはり毛穴は開いてしまいます。

そもそも、毛穴は皮膚に栄養を取り込んでくれるだけでなく、老廃物を排出してくれる大切な役割をもっているので、毛穴をふさいでしまうのはNGです。

働きがスムーズになるよう、毛穴をふさぐのではなく、毛穴をきれいにしていくケアが大切。そうすると自然に毛穴が開くのを防ぐばかりか、目立ちにくくなっていくのです。

以前も、毛穴悩みから解放されるテクニックをご紹介しましたが、やはり毛穴で悩んでいる方は多いですね!

毛穴トラブルには種類があるので、「自分の毛穴と似ているな~」と思う症状を以下からチェックして、症状にあったケアをしてください。

 

■1:開きっぱなし毛穴

過剰な皮脂が出て毛穴が開いたままの状態です。オイリー肌だけではなく、乾燥肌にもみられます。たっぷり水分補給をしてあげて水分力を高めてあげましょう。

 

■2:角栓詰まり毛穴

皮脂と角質が混ざり合って毛穴に詰まった状態です。毛穴を開いて角栓を出すのが良いですが、無理して出すと痕に残るので優しくケアをしましょう。マッサージやピーリングをして、角質を常に柔らかくしておくのがオススメです。

 

■3:黒ずみ毛穴

不要な角質や皮脂が毛穴にたまり、酸化することで黒く目立ってしまいます。紫外線にあたるとさらに黒くなりますよ! メイクもしっかり落とし、毛穴に汚れをためず酸化させないようにしましょう。

 

■4:たるみ毛穴

帯状毛穴ともいわれます。年齢を重ねてくると出てきてしまうこの悩み。水分やハリが失われてたるんだ毛穴が伸びきってしまっています。保湿や顔の筋トレ、エイジングケアのコスメを使って肌老化を遅らせましょう。

 

毛穴は皮脂を分泌するための穴なので、皮脂が出るのは当たり前のこと。過敏なケアも毛穴に悪影響を及ぼします。自分の肌状態をよくチェックして、毛穴トラブルの種類に合ったケアを心がけましょう。

 

【関連記事】

※ これで悩みから解放される!? 毛穴をなくすテクニック3つ

※ これは要注意!他人の毛穴が気になる距離は●センチ!

※ ドキッ!「毛穴」を見れば年齢がバレちゃうってホント?

※ 女子なら気になる毛穴、シミ、シワ…ぜーんぶ「洗顔」で解決!

沖縄産・奇跡の泥マリンシルト配合!クリーム状洗顔石鹸『どろ豆乳石鹸 どろあわわ』