夏は悪化しやすいので要注意!生理前のニキビ肌対策3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、『美レンジャー』でご紹介した記事「ニキビができる瞬間ランキング発表!1位は“●●の前”との結果に」はもうお読みになられましたか?

多くの女性が悩む大人ニキビ。実は、夏に悪化しやすいので、“夏の生理前”は特に気をつけなければなりません。なかなか頑固なニキビですが、もちろん解決法はあります。

今回は生理前のニキビについて、そのしくみと解決法をご紹介します。

 

生理前のニキビの原因

生理前のニキビの原因が“過剰な皮脂分泌”。これに影響しているのがホルモンです。

生理前にさかんに分泌される“黄体ホルモン”には男性ホルモンと同じように、皮脂の分泌を活発にする働きがあります。そのため、必要以上に皮脂の分泌がさかんになることで、毛穴が詰まりニキビができやすくなるのです。

これらのメカニズムを知った上で、悩ましい生理前ニキビの対策をみていきましょう。

 

■3つのニキビ対策

(1)洗顔

生理前だけは洗顔をいつもより丁寧にすることが大切です。ただし“皮脂の除きすぎは、逆に皮脂の分泌を促してしまう”ため、洗う頻度は一日に2〜3回で十分です。

また、ニキビ専用の石けんは洗浄作用が強く、肌が乾燥してしまうことも。洗顔に使う石けんは固形石けんがオススメ! 洗顔フォームは界面活性剤の作用で自ら出している潤い成分(セラミド)を過剰に取りすぎてしまう恐れがあります。

そして念入りにすすぐことも大切なポイントです。石けんの成分“遊離脂肪酸”が肌に残ると、刺激となることもあるので気をつけて。

(2)食事

生理前は皮脂分泌が盛んになるので、食事から摂る脂肪分を普段より控えめにするほか、レバーや納豆、卵といったビタミンBを含む食品をいつもより積極的に取るよう心がけましょう。

ビタミンB2、B6が含まれたサプリメントを上手に活用するのもオススメです。      

(3)睡眠

生理前は、黄体ホルモンの影響で高体温期に入るため、寝つきが悪くなって睡眠不足になりがちです。でも、肌の不調がでやすい時期だからこそ睡眠はしっかり取らないといけません。就寝前にホットミルクを飲んだり、軽いストレッチをするなどして熟睡できるようにしましょう。

 

女性ホルモンとお肌の変化は深い関係をもっています。ニキビ対策をしっかりと理解しておけば、生理前のお肌の対策もしやすいですよね! 夏は、皮脂分泌が盛んになる時期なのでニキビもできやすい時期。お肌のケアを徹底して、生理前の悩みを減らしていきましょう。

 

【関連記事】

※ 特別なものを買わなくてもOK!超簡単なニキビ予防法5つ

※ ニキビができる瞬間ランキング発表!1位は「●●の前」との結果に

※ 誤解したままは超危険!専門家が斬る「ニキビに関する迷信」10個【後編】

※ 誤解したままは超危険!専門家が斬る「ニキビに関する迷信」10個【前編】

ドクターシーラボ (薬用)スーパーアクネレスゲル 60g[ニキビ予防用ゲル]