世界の旅行者が選ぶ!「料理がめっちゃ美味な国」トップ10

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行の楽しみのひとつは、なんといっても各国の料理ですよね。

オンラインホテル予約サイト世界最大手の『Hotels.com』は、全世界の27,000人以上を対象とした世界の料理に関する意識調査を行ないました。

旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国は、以下の国々が選ばれました。

 

■世界の旅行者が選ぶ、旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国

1位:イタリア 32%

2位:フランス 24%

3位:日本 18%

4位:中華人民共和国 13%

5位:スペイン 11%

6位:米国 10%

7位:メキシコ 8%

8位:タイ 8%

9位:台湾 5%

10位:インド 5%

“日本食”が、世界中の旅行者にとって好きなローカルフードの第3位に選ばれました。イタリアンやフレンチはいわば定番ですが、和食を始めとするアジアなどの各国の料理もしだいに人気になっています。

海外でも認知度の高い日本料理は、各国にレストランなどがあることから食べ慣れている旅行者が多数いるようです。

今回、日本食が好きと答えた回答者(18%)は、日本で食べる料理の中でも特に寿司、天ぷら、ラーメンと蕎麦が好きだと答えています。

Hotels.comのアリソン・クーパーさんは、「日本食は健康的な食事のひとつに数えられており、多様な国の都市にはバラエティに富んだ日本料理レストランが多数見受けられます。

私自身も日本食が大好きで、今回の順位には特に驚いてはいません。タパスやブリートなどの伝統な旅先での食事以上の評価を得たという事実は、世界が日本人シェフに対して高い評価をしている証なのでしょう」と答えています。

またトップ10には、日本以外のアジア各国・地域もランクインしてきており、4位:中華人民共和国(13%)、8位:タイ(8%)、9位:台湾(5%)、10位にインド(5%)が入りました。

パエリアとタパスの人気によりスペインが5位に、そしてハンバーガーやフライドポテト愛好家の影響からか米国が6位にランクインしています。

 

■日本人が選ぶ、旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国

1位:イタリア 40%

2位:フランス 31%

3位:日本 19%

4位:中華人民共和国 15%

5位:韓国 14%

6位:台湾 10%

7位:スペイン 7%

8位:ドイツ 7%

9位:タイ 6%

10位:米国 5%

 

■日本人が選ぶ、日本の一番美味しいローカルフード

1位:寿司 74%

2位:天ぷら 57%

3位:ラーメン 33%

4位:蕎麦 31%

5位:お好み焼き 27%

6位:しゃぶしゃぶ 24%

7位:カレー 14%

8位:焼肉 9%

9位:納豆 7%

10位:フグ 6%

また今回の調査から、日本人は海外旅行先を考える際、料理が重要な要素になっていることが分かりました。

ビーチリゾートに行く際でも42%がその場所の料理を「重視」、または「とても重視する」と答えていて、都市滞在の休暇で66%が、ロマンチックな旅行では77%が、家族旅行で78%が、観光目的では84%の回答者が料理を「重視」、または「とても重視する」と答えています。

料理は旅行の際の重要な要素となっているようですね。食への探求心が強いのかもしれません。夏休みに海外旅行に行くという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 美味しいけど見た目がグロテスクな世界の食べ物トップ10【前編】

※ 美味しいけど見た目がグロテスクな世界の食べ物トップ10【後編】

※ 8月からコンビ二で「おでん」を売り始めている本当の理由

ABCDEの5種類から選べる本格イタリアンピザセット

 

【参考】

※ Hotels.com