食べるだけで夏悩みが解消できる「ナス」の豆知識まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が旬の野菜と言えば……ナス! この時期は特に甘みが増して、ピークに美味しくなると言われています。そんなナスですが、実は美味しいだけではありません。 女性が抱える夏の悩みを解決してくれる働きがあるのです。

そこで今回は、美味しいナスの選び方・効果・活用法を一挙にご紹介します!

 

■まずは美味しいナス選び!

美味しいナスを選ぶポイントは、こちら。スーパーで選ぶときには、是非こういったところをチェックしてみてください。

・がくにトゲがあること。これが新鮮な証拠!

・表面にキズや傷みがなく、ツヤとハリがある。

・ずっしりと重く、丸みを帯びた美しいフォルム。

 

■ナスの効果を知る!

食べる前に、ナスの美味しい効果を知っておくことで、さらに美味しい気分もアップします! 美容効果にも注目です。

(1)紫色の色素“アントシアニン”で紫外線ケア

ナスを象徴する鮮やかな紫色、これはアントシアニンという色素。ブルーベリーなどでもおなじみのこの成分、実は素晴らしい抗酸化作用をもっています。生活習慣病の予防はもちろん、アンチエイジングにも。

夏場のお肌は紫外線を浴びてダメージを受けています。秋になってシミやシワ、肌荒れに悩む前に、ナスを積極的に食べて細胞の活性化を図りましょう。

(2)ナスの“カリウム”はむくみ対策に効果的!

ナスは、実に全体の9割が水分。「夏は水分の摂り過ぎでただでさえむくむのに、ナスなんて……」と思われがちですが、ナスには利尿作用のあるカリウムが含まれています。

水分を摂り過ぎることがむくみにつながるのではなく、代謝がうまくいかず、体内で溜め込んでしまう巡りの悪さがむくみの原因。ナスを食べて、むくみ知らずのスッキリボディを目指しましょう。

 

■ナスを美味しく食べる!

ナスは、夏のメニューにぴったり合う食材です。食欲のない日でも美味しくナスを食べられるレシピをご紹介します。

・そうめん ~ナスのウマつゆ~

(1)ごま油をフライパンに熱して、ナス、好みで豚肉と長ねぎも入れて炒める。

(2)市販のめんつゆに酒を少量混ぜ、1に入れてひと煮立ちさせる。

(3)ゆでたそうめんをつゆに付けていただきます。

 ※薬味と一緒にそうめんに乗せてもOK 

 

いかがでしたか? ナスは油と好相性。特に、ごま油と合わせることで、食欲もアップします。美味しいだけではなく、夏の悩みを解消してくれる上、夏メニューにもぴったりのナス。

旬のこの時期に、是非ナスを活用してみてください。

 

【関連記事】

※ 世界の旅行者が選ぶ!「料理がめっちゃ美味な国」トップ10

※ 美味しいけど見た目がグロテスクな世界の食べ物トップ10【前編】

※ 美味しいけど見た目がグロテスクな世界の食べ物トップ10【後編】

※ 8月からコンビ二で「おでん」を売り始めている本当の理由

箱買い・まとめ買いなら今がチャンス!九州野菜・なす 内容量:5kg