特別なものを買わなくてもOK!超簡単なニキビ予防法5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

触ると痛い、赤みがあって目立つ、治りにくい……。

「夏になると炎症を起こした大きなニキビができやすい」、「ひとつひとつのニキビが大きくて数も多くなる」という人はいませんか? このように、夏の悩みで日焼けに次いで多いのは、“深刻化してしまうニキビ”です。 

今回は、できると気分が落ちる“夏のニキビ”についてお話していきます。

 

夏にニキビが深刻化してしまう理由

乾燥や紫外線、皮脂分泌の増加、ストレスなど、ニキビができる原因はたくさんありますよね? ですが、なぜか「夏になるとニキビが深刻化してしまう」というお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

年間をとおして、ニキビの発生や悪化の原因は基本的に変わらないのですが、そこに夏特有の2つの原因が加わることによって、目立つニキビができてしまうのです。その原因は以下ふたつ。

(1)皮脂分泌が普段以上に活発になる

暑い夏は、肌の毛細血管が膨張し、血行が良くなり、皮脂分泌が増加します。その量は、なんと他の季節の2倍! 皮脂が溜まるとニキビ菌が増殖して炎症を起こしてしまいます。

(2)角質が普段以上に剥がれやすい

汗をかいた肌は、角質がとても剥がれやすくデリケートな状態になっています。正常時の倍くらいのスピードで角質が剥がれ落ちるだけでなく、角質層の枚数も倍以上ゴッソリと失われているのです……。そのような状態になると、未完成の角質が毛穴を硬くしたり、皮脂を溜めやすくなったりしてニキビができ続けるという症状につながります。

次に、夏のニキビの予防法をご紹介します。

 

夏のニキビを予防する方法5つ

何かとダメージを受けやすい夏の肌。ここでは、健やかな肌を育て、ニキビを予防する5つの方法をご紹介します。

(1)丁寧に洗顔する

汗をかいてベタつく夏の肌ですが、洗顔時にゴシゴシこすってしまうと角質がたくさん剥がれてしまいます。また、過剰な洗顔も必要ありません。一日二回、泡立てた洗顔料で優しく洗顔してください。

(2)乾燥対策をしっかりとする

紫外線やエアコンは乾燥の原因になります。夏も肌は乾燥しますので、保湿対策はしっかりとしましょう。

(3)紫外線対策をしっかりとする

紫外線はニキビの大敵です。屋内にいるときもしっかりと日焼け止めを塗りましょう。ニキビができやすく、日焼け止めを塗りたくないという人は、ノンケミカル処方の日焼け止めを試してみては?

(4)ウォータープルーフのファンデーションをやめる

夏のレジャー時によく登場するウォータープルーフのファンデーション。水に入っても、汗をかいても落ちないのはいいのですが、その分肌に密着しています。ニキビができているときは、ミネラルパウダーなど肌に優しいものを使用し、どうしてもウォータープルーフのファンデーションを使いたいときは、しっかりとクレンジングをして落とすようにしましょう。

(5)暑いときだからこそ、栄養をしっかり摂る

暑いと食欲がなくなり、冷たいものや適当な食事をしがち……という人は多いと思います。これだと、肌を再生させるために必要な栄養が足りず、キレイな肌とは程遠い状態になります。ビタミンB、C、Eが含まれる食品や大豆食品をバランスよく摂るようにしましょう。

 

夏の肌はとても敏感です。だからこそ、体の内側、外側両方からのケアがとても重要! まだまだ暑い日が続きますので、新しいニキビを作らないように今からしっかりとケアをしましょう。

 

【ニキビ対策】

※ ニキビができる瞬間ランキング発表!1位は「●●の前」との結果に

※ 誤解したままは超危険!専門家が斬る「ニキビに関する迷信」10個【後編】

※ 誤解したままは超危険!専門家が斬る「ニキビに関する迷信」10個【前編】

※ あの有名コスメでニキビが悪化!? 驚愕の事実が明らかに

お米と一緒に炊くだけ、下ごしらえ不要の簡単調理!【島根・奥出雲で作る極小黒豆】黒大豆ご飯