実は「朝より夜食べた方が美人になれる」食べ物トップ3

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、夜にどんな物を食べますか?

「太りたくないから、炭水化物は少なめにする」とか、「頑張った一日のご褒美として、食べたいものを食べる」、「最近は、夏バテでついつい夕食を摂らない日も多い」……などと言う人も多いのではないでしょうか。 

実は、食べ物の中には、朝より夜食べた方が体に良いとされているものがあるのをご存知ですか?

今回は、ぜひとも夜に食べてほしい、“オススメ夜食トップ3”をご紹介します。

 

■1位:納豆

とても栄養価が高く、日本の伝統食である納豆は、朝より夜食べた方が良いと言われています。

それは、夜食べることで、眠っている間に作られてしまう“血栓”を予防することができるからです。また、血液をサラサラにする働きもあるので、夜に納豆を食べることは、とても効果的です。

そんな納豆は、美容効果も高く、美白したい人や老化を防ぎたい人には最適の夜食です。

 

■2位:牛乳やヨーグルトなどの乳製品

朝食には定番の牛乳やヨーグルトなどの乳製品も、実は、朝より夜食べるとより効果的です。それは、乳製品に含まれる“カルシウム”の吸収率が、実は、朝より夜の方が高いからです。 

また、カルシウムには、リラックス効果も期待できます。特に寝苦しいこの季節、安眠へと導いてくれるでしょう。

 

■3位:トマト

トマトは、成長ホルモンの分泌を促すビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。成長ホルモンは、夜寝ている間に分泌されるので、夜トマトを食べることで成長ホルモンの分泌が促されやすくなるのです。

また、成長ホルモンは、肌の保湿力をアップしたり、バストアップやダイエットにも関っていますので、女性には、ぜひ、夜に食べていただきたいですね。

 

いかがでしたか?

食べ物ごとに栄養価が高まりやすい時間帯があるのです。朝の定番食である“納豆・乳製品・トマト”は、ぜひとも夜にも召し上がってくださいね。

 

【関連記事】

※ 食べるだけで夏悩みが解消できる「ナス」の豆知識まとめ

※ 世界の旅行者が選ぶ!「料理がめっちゃ美味な国」トップ10

※ 美味しいけど見た目がグロテスクな世界の食べ物トップ10【前編】

※ 美味しいけど見た目がグロテスクな世界の食べ物トップ10【後編】

「特選」天然わら納豆ふくふく300g(大)3本セット