危険だから絶対にやめて!薬と食べ物のNG組み合わせ8つ【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容や健康によい食べ物も、薬を飲んでいる時は要注意。意外と知られていない食べ物と薬の食べ合わせを、NR(独立行政法人国立健康・栄養研究所認定 栄養情報担当者)でフードコーディネーターの南恵子さんにお伺いしました。

前編に引き続き、後編もご覧ください。 

 

■5:コーヒー・紅茶・緑茶×痛風治療薬

コーヒーや紅茶、緑茶に多く含まれるカフェインは、尿酸の排泄を妨害する働きがあるので、痛風治療薬の働きを妨害する可能性があるとか。

また血液凝固防止薬、狭心症、心筋梗塞の治療薬の作用を弱めたり、テオフィリン、テオドールなどの気管支拡張剤の副作用(不眠、イライラ)が強くなることがあります。

 

■6:ビール・コーラなどの炭酸飲料×解熱鎮痛剤

風邪の時など幅広く用いられる解熱鎮痛剤ですが、「炭酸ガスによって、解熱鎮痛剤の吸収が低下し、効き目が低くなることもあります」とのこと。

 

■7:アルコール×睡眠薬

「ハルシオンなどの睡眠薬とアルコールが体内で混ざると、薬効が強くなり、記憶障害などの副作用を起こす可能性があります」と南さん。

飲み会の後や食事中のアルコールにも注意!

 

■8:セントジョーンズワート×ピル

人気のハーブにもNGな飲み合わせがあります。

「リラックス効果や抗うつ作用があることから、ハーブティーやサプリメントとして知られているハーブのセントジョーンズワートですが、経口避妊薬や免疫抑制剤、てんかんや不整脈などの薬と飲むと、薬が効きにくくなります」

また、抗うつ薬のセロトニン取込阻害剤の薬剤とは、作用が増強され、副作用が現れやすくなる事があるとのことです。

 

いかがでしたか? 意外と知られていないものが多かったですね。

南さんによると、「このように危険性がはっきり分かっているものは、食品を避けるか、あるいは2時間程度ずらすなどの注意が必要」とのことです。

また、食べ合わせは個人差が大きく、影響を受けやすい人がいたり、摂取のタイミング・量などを考慮する必要があるとのこと。

薬を飲む際には、医師によく注意を聞くようにしましょう。

 

【関連記事】

※ 男性が本気でドン引きする「NGな女性の後ろ姿」トップ10

※ 要注意!夏に絶対入れちゃいけないお弁当のNG中身8つ

※ 意外な盲点が発覚!男性から見てNGな女性の体トップ3

※ 見直さないとヤバイ!職場で「痛い」とされるNGファッション

 

【取材協力】

※ 南恵子・・・学術誌の編集部、広告制作会社にて家電メーカーの料理冊子の編集を担当、惣菜メーカーの販促企画部に在籍後、フリーランスのフードライター、フードコーディネーターに。家庭料理とテーブルコーディネートの他、食養生や野草料理などのナチュラルでヘルシーな料理なども学ぶ。

現在は食と健康アドバイザーとして、健康と環境に配慮した食生活の提案としてエコクッキングセミナー、レシピ提供、食生活にかかわる執筆、講演、商品企画のアドバイスを中心に活動中。