危険だから絶対にやめて!薬と食べ物のNG組み合わせ8つ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディキープや美肌のために積極的にとりたいフルーツや野菜。ですが、薬を飲んでいる時は、食べ物の成分が逆効果になることもあります。

そんな意外と知られていない食べ物と薬の食べ合わせを、NR(独立行政法人国立健康・栄養研究所認定 栄養情報担当者)でフードコーディネーターの南恵子さんに教えていただきました。

 

■1:アボカド×抗うつ薬

手軽に食べられるアボカドも、「アボカドなどに含まれるチラミンは、ある種の抗うつ薬(MAO阻害薬)を服用中に多量に食べると、頭痛や血圧があがる場合があります。

他にもチーズや鶏レバーも注意が必要です」と南さん。

 

■2:納豆・緑黄色野菜×抗凝固薬

納豆や緑黄色野菜に豊富に含まれるビタミンK。

「健康をサポートする食材ですが、豊富に含まれているビタミンKが、血液を固まりにくくする抗凝固薬ワルファリンの働きを弱めてしまいます。

納豆以外にも、青汁やクロレラ、ホウレンソウ等、ビタミンKの含有量が多い野菜や飲料は、ワルファリンを飲んでいる期間は摂取量に注意が必要です」

 

■3:グレープフルーツ×高血圧治療薬

グレープフルーツはダイエットにも役立つ成分が含まれているといわれる果物。毎日のように食べている人もいるのでは?

「グレープフルーツは、高血圧や狭心症などの治療薬であるカルシウム拮抗剤の作用を増強させてしまいます」と南さんはいいます。

もちろん、グレープフルーツジュースも同様です。

 

■4:牛乳×骨粗鬆症の治療薬

健康のために牛乳を欠かさず飲んでいるという人は多いですが、気を付けた方がいいようです。

「牛乳は、抗性剤や骨粗鬆症の治療薬を服用している人には要注意。同時に飲むと牛乳に含まれるカルシウムと薬が結合し、薬の効果を弱めることがあります」

 

いかがでしたか?

このような食べ合わせには、個人差があるため一概には言えない部分もあり、相互作用の心配のある薬物の種類、その副作用の症状と程度を考慮すれば、食べても大丈夫ということもあります。

しかし、よく使う薬と食べ物の相性はあらかじめちゃんと知っておいて、正しく服用しましょう。それでは、引き続き次回は後編をお送りします!

 

【関連記事】

※ 男性が本気でドン引きする「NGな女性の後ろ姿」トップ10

※ 要注意!夏に絶対入れちゃいけないお弁当のNG中身8つ

※ 意外な盲点が発覚!男性から見てNGな女性の体トップ3

※ 見直さないとヤバイ!職場で「痛い」とされるNGファッション

 

【取材協力】

南恵子・・・学術誌の編集部、広告制作会社にて家電メーカーの料理冊子の編集を担当、惣菜メーカーの販促企画部に在籍後、フリーランスのフードライター、フードコーディネーターに。家庭料理とテーブルコーディネートの他、食養生や野草料理などのナチュラルでヘルシーな料理なども学ぶ。

現在は食と健康アドバイザーとして、健康と環境に配慮した食生活の提案としてエコクッキングセミナー、レシピ提供、食生活にかかわる執筆、講演、商品企画のアドバイスを中心に活動中。