女子の必須スキル! 美人なお酒の注ぎ方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社での飲み会は、日頃仕事の場でしか接しない上司や先輩、同僚との親睦を深めるためのコミュニケーションの場! これは大事な会ですね!

だからこそ、お酒の席で美人に振舞うために、乾杯の仕方やお酒の飲み方、注ぎ方のマナーや作法をご紹介しましょう!

本来は、女性がお酒を注ぐのはあまり良くはないのです。ただし、女性が男性にお酌をするという行為は日本独特の勝手な文化ですので、もし注がなきゃいけないような雰囲気だったら・・・ということでご参考にしてくださいね!

■ビールやワインの注ぎ方

瓶の中ほどを右手で持って、左手を軽く添え、瓶のラベルが上になるように持ちます。この時、手の甲が上になるように注意してください。手の平を上にして注ぐのは、「逆手の逆注ぎ」といって失礼になります。

 

■日本酒のお酌

お銚子は、片手で持っても良いのですが、女性の場合は、左手を添えて持ちましょう。注ぎ口のないものは、絵柄を上にします。

盃は、たくさん注ぐとこぼれて、飲みにくいので八分目を目安にしてください。盃をテーブルに置いたまま注ぐ「置き注ぎ」は、NGです。

 

■お酒を注いでもらう時のマナー

グラスを片手に持ち、もう片方の手は底に添えます。最初は、相手が注ぎやすいように少し傾けてから、垂直に立てると泡がきれいに立ちます。注いでもらったら、必ず1回は、口をつけます。注いでもらってすぐに置くのは失礼にあたります。

ワイングラスはテーブルに置いたままで、盃は右手で持ち、左手の指先を底に添えます。一気に飲み干さないのがマナーです。

 

■お酒が苦手な場合・飲みたくない時・飲めない時

飲んだフリが上手な賢い女性へ!というページをご参考にしてください。

 

ちょっとした仕草で、美人度が上がりますよ!どうぞ飲み過ぎず、楽しい飲み会を★