ショック!なんと「節電の夏」は秋以降太りやすくなる!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年に引き続き、今年の夏も日本列島を“節電”のワードが飛び交っています。

しかし、昨年は夏場の節電により、秋以降に太ったり、風邪をひきやすくなったり、風邪が治りにくくなった人が急増したのだとか。

節電と、太りやすく・風邪を引きやすくなるのにはどんな関係があるのでしょうか?

本当に節電がその原因なのであれば、節電傾向にある今年の夏以降にも、そんな症状で悩む人が増えるはず。これは今から対策しておかねばなりません!

まずはそのメカニズムを探ってみましょう。

 

■節電が引き起こす、魔の症状とは

専門家の話によれば、「昨年は夏場の節電で、暑さを凌ぐために冷たい物を過剰に摂取した人が多かった」のだそう。

その結果、知らず知らずの間に体内は冷えを感じており、免疫力や代謝が低下。そのため、太りやすくなったり、風邪をひきやすいなどの悪影響を及ぼすことになったようです。

冷たい物を摂取して体を冷やしすぎると、体温調整をつかさどる汗腺の働きを低下させてしまいます。

そうなると、血流が悪くなったり、内臓機能の低下、自律神経の乱れを招き、ひどい場合はうつになってしまうケースもあるのだそう。

「最近、汗をかきにくくなった」と感じた人は、喜んでいる場合ではなく、体が体温調整機能を失っているサインと受け止めた方が賢明かもしれません。

 

■抑えておきたい! 夏の隠れ冷え対策

とはいえ、炎天下の中、ホットドリンクを飲む勇気のある人はなかなかいないでしょう。もちろん、体をクールダウンさせることも大切なので、多少の冷たい飲み物は必要不可欠です。

そこで、冷たい飲み物を控えることが難しい場合は、一日一度でもいいから体を温めるシーンを作り、代謝を上げることを体に覚えさせておくことが大切です。

たとえば、こんな方法はいかがでしょうか。

・一日30分、半身浴する

・一日一回、寝る前にホットのショウガドリンクを飲む

・家に帰ったら、腹巻を巻いてくつろぐ

・家では厚手の靴下を履く

・帰宅中、1分間だけダッシュしてみる

一日一回で良いのであれば、意外に簡単。メイクが崩れてもOKな帰宅後に、思い切り汗をかく行動をしてみるのも良いかもしれません。

 

実は、冬より怖いといわれている夏の冷え。自覚がないままに、自分が思っている以上に体は冷えているかもしれません。

体が代謝を上げることを忘れてしまわないように、ときには自分の体にスパルタ教育的なしごきを与えることも大切なのです。

秋や冬に備えて、いまからしっかり対策しておきましょう!

 

【関連記事】

不調な時はココを温めればOK!一番早く冷えが取れる部位

寒さで辛いときに「体をポカポカ温めるアイテム」ベスト4

今夜すぐ始められる「冷え」から完全に卒業するテク5つ

押すだけ簡単!つらい「冷え」にサヨナラできるツボ2つ

 

【参考】

※ 『健康産業新聞』 第1435号 2012年5月9日 UBMジャパン・グループ