飲むと美人になれるのはどれ?人気の美容成分トップ5

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや、美容や健康を維持するために欠かせないアイテムとなっている、サプリメント。

『健康産業新聞』が発表した2012年の上半期「人気受注素材ランキング」を見てみると、今後流行りそうな成分や、現代人が不足を感じている成分が明らかに!

普段からサプリメントを活用している方はもちろん、「サプリメントって何を選べばいいかわからない……」という方も、是非参考にしてみてください。

 

■2012年上半期の人気成分トップ5

(1)コラーゲン

何といっても、不動の1位はコラーゲン! コラーゲンはサプリメントタイプだけでなく、食品、パウダー、ドリンクなどラインナップも増え続け、昨年は原料で年間6,500トンもの出荷量だったそう。

今後は美容素材だけでなく、関節系サプリメントや、高齢者の床ずれ予防など、幅広い用途で使用されることが予想されています。

(2)グルコサミン

コラーゲンとともに圧倒的大差で人気の、関節系サプリメント。現在、日本では800万人の人がひざに痛みを抱えていて、50歳以上の女性の割合が特に高いのだそう。

高齢者が増えている現代社会では、今後ますます必要とされそうな成分ですが、私たち働き盛りの世代も今のうちから摂っておきたいものです。

(3)プラセンタ

言わずと人気のプラセンタ。エイジングケアとして使用されることが多く、「体感がある」と評判も上々。胎盤を意味するプラセンタですが、ヒト由来のものは医療の場でしか使用できません。

サプリ素材としてはブタ由来の他、ウマ、海洋性、植物性など、原料でも幅広くなってきました。今後は美肌効果だけでなく、肝機能改善、育毛など用途も広がる見込みの期待成分!

(4)レスベラトロール

レスベラトロールは、昨年NHKで放映された番組内での“長寿遺伝子に働きかける”という機能が話題に。

もともとブドウの皮や赤ワインに含まれる成分ですが、スーパーポリフェノールという別名をもつほど、抗酸化力に優れているといわれています。

脂肪吸収を防ぐ作用もあるとされ、ダイエット面でも今後注目が高まりそうです。

(5)酵素

昨年から何かと話題の酵素。酵素は生きていくために不可欠な成分ですが、不足すると体に様々な悪影響を及ぼします。

また、酵素は生きている間に生産できる量が決まっているため、生鮮食品や発酵食品を食べるなどして、体外からチャージせねばなりません。

食べ物で摂るのが難しいときの代替として、サプリメントで摂取する人が増えているようです。

これらが人気の成分だということを、皆さん知っていましたか? たくさんの人が摂取している成分ということで、どうやら現代人は該当成分の不足が激しいことが読み取れます。

他にも、時代のニーズに合った、次のような成分がランクインしていました。

 

■その他の人気成分ふたつ

(1)ルテイン

ブルーベリーやルテインは、目に良いことで有名な成分。近年では、携帯電話などの液晶から発せられるブルーライトの目に対するリスクが話題になっていることから、今後ますます注目を集めそうです。

(2)ウコン

二日酔い防止などのイメージが強かったウコン。しかし、近年では肝機能の改善がエイジングケアにつながることが明らかになり、話題を集めています。

今後は『美肌ケアのために肝臓を磨く』ことが新たな美容法になるかも?

 

その他、乳酸菌、青汁素材(大麦若葉・ケール・明日葉)、ヒアルロン酸などのおなじみの成分の人気度が高かったのだとか。

年齢を重ねるごとに減少する成分も多くあるので、「自分はまだ大丈夫」と思わずに、今のうちから積極的に摂取して、土台を強化しておいた方が良いかもしれませんね!

 

【サプリ情報】

※ 栄養のスペシャリストが摂取している「サプリ」ベスト8

※ 日本で「最も人気の高いサプリメント成分」1位は●●!

※ 「サプリ先進国」アメリカ1万人調査!人気サプリベスト5

※ 「アカデミー賞」裏側で話題になったサプリは日本生まれ?

 

【参考】

※ 『健康産業新聞』 第1428号 2012年6月13日 UBMジャパン・グループ