なんとガリガリ君のソーダはあのスーパーフードだった!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると食べたくなるアイスといえば、やっぱり『ガリガリ君』ですよね。皆さんお馴染み、このガリガリ君の爽やかなブルーは、実はある超健康食材から抽出したエキスが使われているそうなんです。

 それは、スーパーフードといわれる藻の“スピルリナ”。スピルリナから抽出した青色の色素フィコシアニン(リナブルー)がソーダの色を再現しているんです。

 美レンジャーでも登場したことがありますが、スピルリナといえば、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど50種類以上の健康・栄養成分が含まれている現代人の食生活のサポートとなる食材です。

 

■アンチエイジングや美肌・ダイエットにもOK

美容的にはアンチエイジングや美肌、ダイエットに効果的。

たんぱく質が55~70%と豊富に含まれていて、たんぱく質が多いといわれている食品のたんぱく質の含有率は、豆腐が5%、牛乳が3%、プロセスチーズが23%、牛ひき肉が18%。

なので、スピルリナが高いたんぱく質含有率をもつことがわかりますね。また、鉄はスピルリナ100g中に約100mg含まれ、5g(約25粒)の摂取で一日に必要な量(10mg)の約半分(5mg)が補給できます。

カリウムも1~2%含まれ、それ以外にカルシウム、マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルトなどの微量元素も含まれています。

宇宙ステーションでも実験に使われていて、飢餓を救う未来の食材とも期待されているんです。

 

■フラミンゴの赤色もスピルリナ!

さらに、スピルリナは他の色も持っていて、フラミンゴの赤色のもととも言われているのです。

レッサーフラミンゴと呼ばれる小型のフラミンゴの繁殖地として有名な、中央アフリカ東部タンザニア連合共和国にあるナトロン湖。

この湖は、湖水のミネラル濃度がとても高く、ほとんどの生き物が生息できない湖です。しかし、毎年雨の降る季節になるとスピルリナが光合成により繁殖して、フラミンゴのえさとなります。

そのためナトロン湖は、“炎の湖”とも呼ばれているそうです。

 

一昔前は、派手な色のかき氷で、舌が着色料の色に染まったものですが、こんなナチュラルな着色料なら、子どもが食べるのも安心できますね。

 

【食べ物ネタ】

※ 食べるだけで心臓発作を防げる「心臓にいい」食べ物5つ

※ まるで罰ゲーム!? 世界の「スゴすぎる食べ物」トップ10【前編】

※ まるで罰ゲーム!? 世界の「スゴすぎる食べ物」トップ10【後編】

※ 夏バテにもOK!疲れを吹き飛ばしてくれる食べ物5つ

 

【参考】

※ DICスピルリナ