おすすめ記事一覧

食べるだけで心臓発作を防げる「心臓にいい」食べ物5つ

2012/07/23 12:00  by   | ライフスタイル

突然起こる心臓発作、怖いですよね。若い人や体力のあるアスリートでも他人事ではありません。

心臓の健康を考えると、コレステロールを抑える食事ということになりますが、大抵の場合、赤味の肉や油分を摂らないようにするといった、昔からあるような食事制限をすることになります。

しかし、これだけでは不十分。『mensxp.com』では、心臓を健康に保つ食べ物を積極的に摂取する必要があるといっています。

健康な心臓を維持するため食べるべき物について、こちらの記事をご覧ください。

 

■1:リンゴ

一日一個のリンゴで医者いらず。よく言われることですが、でもこれは本当に間違いないです。リンゴに含まれる植物化合物は抗炎症剤のように作用し、また血液凝固を防いでくれます。

そして繊維質やビタミンを豊富に含みます。これらの効果はどんな品種のリンゴでも同じなので、すぐ飽きるということもないでしょう。

スライスしたリンゴをサラダへ少し加えるだけで、より健康になります。

 

■2:アーモンド

これまでに、カロリーを気にして、アーモンドを避けたことありますか?

もしそんなことがあるのでしたら、今度からちゃんととることにしましょう。なぜなら、アーモンドの油分は健康な心臓を守る上で、実に効果があるからです。

アーモンドに含まれるビタミンEは、コレステロール値をコントロールするのを助けます。そして、リンゴと同じように、アーモンドは繊維質やビタミンをたくさん含んでいます。

午後5時以降のおやつとしては最適。心臓のために、毎朝食に4~5個のアーモンドをとりましょう。

 

■3:大豆

大豆はそんなに美味しいものではありませんが、心臓にはとてもよい食物です。

大豆に含まれるタンパク質は、卒中を予防します。もし赤味の肉をとるのを控えようとしているのなら、大豆はとても良い代用食です。

大豆に切り替えることで、飽和脂肪酸を減らすことが出来ます。ミルクシェイクを作る時や、朝食のシリアルを摂る時、普通の牛乳の代わりにソイミルク(豆乳)を使ってもよいでしょう。

 

■4:ベリー

イチゴ、クランベリー、ブルーベリー、クワの実、ハックルベリー、スグリ、そしてその他のさまざまなベリーはビタミンCの宝庫です。

たくさん種類があり、色々な味を楽しめるため、ベリーを食べるのも飽きることは多分ないでしょう。ビタミンCの他にも、カルシウムやβカロテンも含んでいます。

繊維質を含むフルーツなので、朝食のオーツ麦とヨーグルトに加えるのが最適です。これらのベリーのうち、健康な心臓を維持するための栄養分を最も含むのがブルーベリーです。

 

■5:サーモン

アンチエイジングにもよいサーモンは心臓にもよい魚です。

魚肉は、血液凝固を防ぐドコサヘキサエン酸を含むので、心臓の健康を維持するため、最低でも週2回は魚やシーフードをとるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

ここに挙げた食物のほかには、緑黄色野菜やトマト、全粒粉製品、オーツ麦、玄米等が心臓に良い食物としてあげられます。

これらの食べ物は、心臓にもよくダイエットや美肌にも効果的なものばかり。日々の生活に取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ まるで罰ゲーム!? 世界の「スゴすぎる食べ物」トップ10【前編】

※ まるで罰ゲーム!? 世界の「スゴすぎる食べ物」トップ10【後編】

※ 夏バテにもOK!疲れを吹き飛ばしてくれる食べ物5つ

※ おやつに最適!食べると「美人になれるチーズ」トップ3

 

【参考】

Foods You Should Eat For a Healthy Heart – mensxp.com

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'庄司真紀'の過去記事一覧