バーベキューで「女子力スゲー!」と思われる持ち物6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の屋外レジャーといえば、“バーベキュー”。

海や公園、キャンプ場、ホテルの屋外など様々な場所で楽しむことができるバーベキューですが、屋外レジャーということもあり、思った以上に「持っていけばよかった」「違う服を着ていけばよかった」などと後悔することがあるはず!

今回は、バーベキューを100%楽しむためのポイントについてお話します。

 

■バーベキュー向きファッション5つ

普段はワンピースやスカート、キレイめな白パンツスタイルが好きという人も、バーベキューに行くときはファッションに気を使って選んでいますか?

屋外レジャーを楽しむためには、その場所とレジャー内容に合わせたファッションをすることが大切!

そのポイントは以下の5つ。

(1)スカートよりパンツを選ぶ

(2)ヒールがあるサンダルよりペタンコ靴を選ぶ

(3)しゃがんだり料理をすることがあるので、動きやすくセクシーになりすぎない服を選ぶ

(4)汗をかいたり、煙で臭いが付くので、家に帰ったら洗える素材の服を選ぶ

(5)寒さ対策ができる羽織ものを用意する

また、屋外では強い日差しを浴びてしまうので、髪の日焼け対策として帽子を持っていくのもオススメです。

 

■バーベキューで持っていくべきアイテム6っ

屋外レジャーでは、「持ってくればよかった」と後悔するものが必ずありませんか? また、「こんなものまで持っているなんて!」と評価されたり、女子力が試される場でもあります。

バーベキューのときに持っていくと女子力が高いと思われるアイテムは、以下の6つ。

(1)虫よけスプレー、虫刺されの薬

(2)薄手のタオル、ポケットティッシュ、除菌ができるウエットティッシュ

(3)日焼け止め(スプレータイプで髪にも使えるもの)

(4)絆創膏

(5)火傷用の塗り薬

(6)ヘアコロンやファブリーズなどバーベキュー後の煙においを消す消臭グッズ

このくらいの量であれば、バックに忍ばせることができますよね? いざという時に、さっと取り出して他の女子と差をつけちゃいましょう。

 

■バーベキューで気を付けたいこと5つ

ファッションや持ち物が完璧でも、バーベキュー最中の行動で女子力を下げてしまうこともあります。

空気の読めない女子だと思われないように気を付けたいポイントは以下の5つ。

(1)髪をまとめる

何度も髪の乱れを直す姿は意外と見苦しいもの。屋外レジャーではスッキリまとめ髪にしてしまいましょう。

(2)仕切りすぎない

食べ物や飲み物の取り分けを頑張りすぎると、「お母さんみたい」と、男子からも女子からも引かれてしまいます。

気遣いは大切ですが、ほどほどにしましょう。

(3)飲みすぎない

楽しいからとお酒を飲みすぎて酔っぱらわないようにしましょう。

(4)暑いアピールをしない

屋外のレジャーは暑いのが当たり前。“暑い”という言葉は、できるだけ口にしないようにしましょう。

(5)食べっぱなし、やりっぱなしにしない

後片付けは率先して、てきぱきと行いましょう。

 

いかがでしたか? これからバーベキューに行く予定があるという人は、ぜひ参考にしてみてください!

楽しい夏の思い出作りができるといいですね!

 

【関連記事】

アウトドア前に知るべき「ヘルシーな野外フード」トップ10【前編】

アウトドア前に知るべき「ヘルシーな野外フード」トップ10【後編】

虫に刺されたらまずやるべき「肌にあとを残さない」秘訣

これは便利…手作り虫よけスプレーでかゆみとお別れ!