「瞳の大きい女性がモテる理由」心理学で証明されていた

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が、メイクの中で最も力を注いでいると思われるアイメイク。

「目が大きいと可愛く見える気がする」「モテたい」など個人個人が秘めている理由は数あれど、なぜそこまで私たちはデカ目を目指すのでしょうか?

実はこれ、れっきとした心理学上の理由があったのです!

 

■恋をすると瞳孔が開く → 可愛く見える → モテるの法則

「恋する女性は美しい」「君の瞳に恋してる」というような“恋=美”を思わせるフレーズがありますが、そんな美談のような状況は、はたして現実的にあり得るのでしょうか?

瞳孔研究の第一人者であるアメリカの心理学者、エッカード・ヘス氏は、“人は好きなものを見ているとき、瞳孔が大きく開く”という現象を発見。

恋する相手や好きなものを見つめていると、自然に瞳孔が開き黒目が大きくなる、ということです。

さらに、立正大学心理学部教授の齊藤勇氏によれば、実験で、同一の女性の写真2枚のうち1枚だけ瞳を大きく加工して男性数名に選ばせた際、ほとんどが加工した方を選んだことがわかったのだとか。

しかも、そちらを選んだ理由については皆自覚がなかったことから、本能的に大きい瞳を好むことがわかったそうです。

恋をしたり、好きなものに触れていたりしていると、人はいきいきして見えるもの。そのひとつに、好きなものを見ると瞳が大きくなっていると理由も挙げられます。

つまり、大きい瞳の女性は、相手に可愛く魅力的に映り、結果モテる。そんな法則が成り立つのです!

もちろん、常に恋をして、好きなものだけを見て、食べて……という生活を送っていれば、常に瞳孔は全開、パッチリ瞳でいられるのかもしれませんが、現実的にはなかなか難しいもの。

そこで登場するのが、アイメイクというわけです。今では瞳が大きく見えるコンタクトが主流になっていますが、コンタクト派でない方はメイクでデカ目を目指しましょう!

 

■デカ目メイクを極める3つのポイント

(1)まつ毛・・・上下とも放射状にカールさせ、ワイド感を出す

→下まつ毛が短い人は、下地をつけてボリューム感や長さを出すと目ヂカラUP!

(2)上まぶた・・・アイラインをしっかりめに引く

→特に中央(黒目の上)は幅広めに引くことで、黒目が大きく見える効果も。

(3)下まぶた・・・目尻側をぼかしてタレ目感を出す

→下のアイラインは引くことでより目が小さく見えてしまう人と、そうでない人がいるので、前者の場合はハイライトを入れると白目が大きくキレイに見えてGOOD。

「もともとの目自体が小さい……」という方は、とにかくグラデーション効果等でワイド感を演出し、目というパーツ自体のインパクト拡大を意識しましょう。

ポイントとなるカラーは、“黒と白”。黒目を大きく見せるための黒、白目を大きくクリアに見せるための白、この2色をアイラインやハイライトでうまく使い分け、立体感と膨張感をつくるのがポイントです。

 

“黒目が大きいだけで、無条件にモテる”というのはある意味、朗報かもしれません! 他にコンプレックスがあっても、黒目を大きく見せることに全力をつくせば、理論上はモテるはず。

とはいえ、何事もバランスが大切ですので、黒目が大きすぎて人間離れした顔にならないように、適度を心掛けてくださいね!

 

【関連記事】

※ 科学で解明!怖いのに怪談をついつい聞いてしまう理由

※ 夏のデートでイライラする原因…男女で大きな違いがあった

※ 超意外な事実が発覚!なんと化粧に「筋力維持」の効果あった

※ どうして男子はお守りやパワーストーンにハマらない?

 

【美肌シリーズ】

※ 保湿成分や、美白成分を補うのではだめ!? 肌本来のチカラを取り戻す方法は?

 

【参考】

※ 瞳の黄金比率推進委員会