最強おつまみ1位の「枝豆」をさらに美味しく食べるコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日暑く、ビールが美味しい季節になってきました。仕事終わりに、キンキンに冷えたビールをクーッと飲む瞬間は、まるで天国!

あなたはそんな時、ビールのおつまみに何を選びますか? 『gooランキング』の「ビールと最強コンビのおつまみランキング」では、2位と2倍以上の差をつけ堂々第1位はやはり枝豆!

今回はそんな枝豆の美味しい食べ方をご紹介します。

 

■枝豆を食べるとこんなメリットが!

ちょっと塩気のある皮と、コリッとした歯ごたえ。枝豆は、ビールと最高の相性ですよね。枝豆は、どこのお店でも脇役の存在ですが、実はとっても栄養豊富。

タンパク質、ビタミンB1・B2、カルシウム、食物繊維、そして鉄分などが豊富に含まれています。

そして実は、このタンパク質に含まれるメチオニンという物質は、ビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助ける働きをもつため、飲み過ぎや二日酔いを防止できてしまうのです!

枝豆がただ美味しいだけではないなんて、驚きですよね。ビールのおつまみとして食べられるのはこのような理にかなった理由も存在していたのです。 

また、利尿作用を促すカリウムを多く含んでいるのでビールを飲み過ぎた翌日のむくみ予防にも効果的ですよ! さて、この栄養豊富な枝豆ですが、ただ茹でるよりも更に美味しくなる調理法があります。

それは、蒸し焼きにすることなのです!

 

■枝豆をさらに美味しくする食べ方

やり方はとても簡単。

ザルで枝豆を軽く洗ったら、塩小さじ1をまぶし、よくもみ洗いをしてうぶ毛を取ります。軽く洗い流したら、さらに塩小さじ1をまぶし、よくもみこみます。

フライパンにその枝豆を入れ、水を少々入れて蓋をずらして置き、あとはじっくりと時間をかけて、枝豆に焦げ目がつくまで蒸し焼きにするだけ!

さやの中の豆が更に蒸し焼き状態になり、ただ茹でたものと比べて水っぽさがなく、香ばしさの中に甘みや旨味も更にUPします。まさに豆本来の味を引き出してくれる調理法!

ぜひ枝豆の新しい味わいを楽しんでみてくださいね。

 

つい、ビールが進んでしまう美味しさですが……。ビールは糖分もカロリーも高いです! くれぐれも飲み過ぎにはご注意を!

 

【関連記事】

※ なるべく太りにくい「コンビニのスイーツ」を見分ける方法

※ ヘルシーなのに満腹感をキープできる「おやつ」トップ4

※ 食べたことある?世界の「貴重で珍しい食べ物」トップ10【前編】

※ 食べたことある?世界の「貴重で珍しい食べ物」トップ10【後編】

 

【参考】

※ ビールと最強コンビのおつまみランキング – gooランキング