汗に負けない!一日中「美しい顔」をキープする裏技4つ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏は、どんなに朝丁寧にメイクしても、一歩外に出ると暑すぎて汗がふきだし、あっという間にメイクが崩れてしまう……。これが、一番大きな悩みですよね。

今回は、こんな状態を防ぐためのメイクテクを4つご紹介します!

 

■真夏のメイクを美しくキープするテクニック

(1)丁寧なスキンケアをする

まず、メイク前に行っておきたいのが丁寧なスキンケアです。毛穴が開いている状態だと、皮脂が出やすくメイクが崩れてしまうことに。

そこでオススメなのが、コットンパック。毛穴を引き締める収れん効果のある化粧水をチョイスしましょう。これを冷蔵庫に保管しておき、使うときにコットンにつけましょう。

冷えている化粧水を利用することで、毛穴がキュッと引き締まり、皮膚温度が下がることでメイクくずれを防ぐことができるのです。

また美白もついでに行える美白シートパックを使うのもオススメです。冷蔵庫に保管しておき、洗顔をしたあと冷蔵庫から取りだし貼るだけ!

貼っている間に、ヘアセットや家事などの合間美容ができますよ。 夏でもエアコンのせいで、お肌が乾燥してしまう方も多くて乾燥崩れもひとつの原因なんです。

乾燥し水分が蒸発しまうと、顔を潤そうと余分な皮脂まで出てきてしまいます。なので、朝の時点で毛穴を引き締めて皮膚温度を下げることももちろん、水分をしっかり補給しておくことが大切です。

この朝の丁寧なスキンケアの差が、きめ細かいつるっとした爽やかな肌をキープできますよ。

 

(2)肌のタイプ別に、ベースメイクを使い分ける

 夏のメイク崩れは、下地選びの工夫で防ぐことも可能なのです。

いつもの下地の代わりに、皮脂が出やすい額や鼻のTゾーンにはさらっとした皮脂吸収タイプをチョイスして、頬やあごに向けて乾燥しやすい部分には、潤いが補給できる美容液感覚の下地を選びましょう。

 少しめんどくさい感じはしますが、後々のメイクが崩れて治すめんどくささを考えるとアリだと思います!

また、下地がしっかり塗れてある程度カバーもできていると、後に塗るファンデーションも厚塗りにならず、薄づきなナチュラルに仕上がります。

肌のタイプに合わせて、下地をチョイスしましょう。

 

後編では、崩れにくいポイントメイクのテクをご紹介しますので、お楽しみに!

 

【関連記事】

※ 朝のひと手間で「メイクを一日中キープする」超簡単なコツ

※ 真夏日に「ファンデの密着感が劇的にアップする」裏技

※ 超簡単!暑さに負けず鉄壁ベースメイクを死守する方法

※ メイク崩れなんて嫌!海でも落ちないメイクのコツ3つ