【美メイクテク】見た目マイナス5歳を目指すメイクテクとは??

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクをした時よりも、お風呂上りのスキンケアをした後の肌の方がキレイなんじゃない?? って思ってる方。けっこう耳にします。

普段、厚くファンデーションを重ねていませんか? 年齢を重ねると厚く塗りがちなベースメイク。ファンデーションを塗った後は、思いっきり化粧しました!! っていうメイクが濃くなり透明感のない顔に仕上がりがちなんです。

気になる欠点だったり、加齢で変化している場所を隠そうと、ついついしっかりメイクをしてしまうという悪循環。

 

この3つは気をつけて!!

1、ファンデーションは、生え際まできっちり塗らないこと。

しわやしみの部分が気になるからといって厚塗りは厳禁です。隠すところは部分的にしっかりカバーし、あとは薄付きが自然でいいです。また極力コンシーラーはオススメしていません。時間がたつと浮いてくるので。薄めのシミの場合は、自分の肌よりも2トーンくらい暗めのファンデーションをチョイスし、シミの部分にのせるように置いて軽く押さえると、目立たなくなるはず。

 

2、眉毛をカットしすぎてはいませんか??

カットし過ぎると不自然で、顔が小さく見えてしまいます。自然な毛流れがある方が、若々しく見えるのです! ちなみに、眉尻はメリハリをつけるためにもラインを書き、質感や色は柔らかいイメージに仕上げるように、眉中はパウダーや眉マスカラなので強弱をつけると良いですよ♪

 

3、暗い色を取り入れるよりも、明るさ重視!!

小顔にみせようと、ついついシェーディングをおもいっきりのせちゃう残念なことしてませんか?? 程よい影を入れるのはよいですが、入れ過ぎは禁物! 暗さを重ねるのではなく、ハイライトのような明るさを取り入れる方が、断然透明感がアップしますよ♪ハイライト用のパウダーや、パール下地など取り入れてツヤ肌をキープしましょう!

自分のまず顔を理解すること。長所や短所を見極めてからメイクをすると自分の良さを引き出せるので、とってもメイクが楽しくなりますよ♪