秋になって後悔しない!肌老化の原因は夏に陥りやすい「●●●●ドライ」!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧水は、高いものをチビチビ使うより、安いものをたっぷりバシャバシャ使った方がいい。

こういった話をよく聞きませんか? 実はこれ、間違っています! 外側から水分をいくら補給しても、浸透しなければ意味がありません。肌の潤いは角質層が水分を蓄えることによって保たれているのです。

この角質層に水分貯える機能を持つのが、保湿成分NMF(天然保湿因子)。

NMFはターンオーバー(新陳代謝)の過程で出来るもので、一度吸収した水分を逃さず、角質層に貯える働きを持っています。この働きにより、肌の内側の潤いは守られているのです。

しかし、NMFは睡眠不足や過労・加齢などの要因で代謝が衰えることにより減少。その結果、肌の潤いを保てずにシワやほうれい線、たるみの原因に…。

お風呂上がりにプルプルになった肌も、15分ほど放置するとカサカサになりますよね。こうなってしまうのは、表皮を覆う角質層は、水分を吸収しやすい反面、失いやすい性質があるから。

だから、化粧水を選ぶ場合は高いか安いかではなく、どれだけNMFを補ってくれるかが重要なのです!

今まで化粧水を闇雲にたっぷりつけていたあなた、ちゃんと肌は潤っていますか? 

正しい知識がないと、秋に老け込んでしまうので、今知っておかないと危険なのです。そこで今回は意外と知られていない“本当に保湿できる化粧水”についてお話しします。

 

■NMFって、一体何?

このNMF、実は半分以上がアミノ酸とアミノ酸の化合物(PCA-Na)が素になっています。

アミノ酸は、コラーゲンと比較しても1/3,000の分子量と非常に小さい成分です。そのため、角質層に浸透しやすいという特徴があります。

ここで、「NMFを補う化粧水は使ってないけど、今ちゃんと肌が潤っているから大丈夫」と思われた方、要注意!

夏の肌は表面がベタついているので、潤っていると思いがちですが、エアコンや紫外線ダメージによる影響で内側は乾燥している場合が多いのです。

例えば、汗をかいている状態でエアコンのきいた部屋に入ると、汗がひきますよね。この汗が乾く際に、お肌の水分も一緒に奪われます。これを繰り返すとインナードライに陥ってしまいます。

ちなみにこのインナードライを軽く見てはいけません。これを放っておくと、気づかないうちに“シワ”や“たるみ”になってしまうのです!

“夏が終わって鏡をじっくり見てみたら、何だか前より老け顔になっていた”

という事態にならないためには、まずスキンケアの段階でしっかり保湿をしておくことが大切。もちろん、“ただ保湿するだけ”はNG。表面だけでなく、内側までしっかり、NMFがたくさん入った化粧水で潤す必要があります。

 

■アミノ酸(NMFの素)がたくさん入っている『ホメオバウ トリートメントローション(お得なトライアルセット)』とは?

アミノ酸(NMFの素)が多く、驚異的な保湿力で知られている化粧水は、『ホメオバウ トリートメントローション』。

ホメオバウ トリートメントローションには、アミノ酸や乳酸、尿酸などNMFの基になる成分が多数配合されています。NMFを構成するアミノ酸15種類のうち、主要な11種類が全て配合されているのです。

とろみのあるテクスチャーが、スーッと肌に入っていくのを実感! すぐに肌の内側を潤いで満たして、プルプルとした肌へと導いてくれます。

私も色々な化粧水を使ってきましたが、一般的なものは美白成分や保湿成分が数種類配合されている程度。こんなにアミノ酸成分が豊富に配合されている化粧水ははじめてです!

この使い心地はアミノ酸の浸透力と、NMFとの肌なじみが良いためなんですね。

今まで通り、普段のスキンケアで使うのもいいのですが、「よくある化粧品の“染み込む”CMは嘘!? 誤解だらけの肌事情」でもご紹介した、“顔全体に化粧水を塗ってから、しばらくお風呂に浸かる”と、さらに効果がアップ。

これだけで、栄養も浸透し、血行も良くなりますよ! 一週間ほど使えば、お肌がハリを取り戻して元気になったのを実感できます。なので、まずはトライアルセットから試してみてはいかがでしょうか?

 

毎日のスキンケアで理想的な肌が手に入るなんて、アクティブで忙しい毎日を送る女性にとって、心強いスキンケアですよね。

秋になってから後悔する前に、夏の肌ダメージにも負けない、ハリと弾力のある理想的な肌づくりを心がけましょう!

 

【参考】

※ ホメオバウ トリートメントローション(お得なトライアルセット)