もう悩まない!「貧弱バストを美胸に魅せる」洋服選び3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、女性ファッション誌で見かける体型カバー術といえば、ウエストがくびれて見えるワンピースだったり、小尻に見えるデニムだったり、“痩せてみえる”ファッションの特集が主流。

でも、なかには「体重が増えても、上半身になかなかお肉がつかない。女性らしい豊かなバストに憧れる」といったお悩みを持つケースもありますよね。

薄着になるこの時期は、Tシャツやワンピースなどをさらっと一枚で着る機会も多いので、さらに気にしている小胸が目立ってしまうことも。

そこで今回は、貧弱バストを魅力的な美胸に魅せてくれる、洋服選びのコツを3つお伝えします!

 

■1:胸元が立体的な裁断になったアイテムを選ぶ!

通勤時に使う機会の多いシャツですが、プレーンな形のものだとさみしげに見えてしまう場合もありますよね。

そこで、胸元にギャザーが入ったデザインや、バストの中心部のあたりにフリルがついているものを選ぶと、ふんわりボリュームアップしたように見せることができます。

ノースリーブのトップスにも胸元にポイントのあるデザインのものがあるので、是非チェックしてみてくださいね。

 

■2:ゆったりしすぎたトップスを避ける!

小さめサイズのバストに悩んでいる方は、当然ながら細身の体型の女性が多いですよね。

そして、つい胸を隠したいために、ゆったりしたAラインのトップスなどを選んでしまうこともあるようですが、華奢な体型の方はNG。

胸の大きさはカバーできますが、華奢であるという長所まで隠してしまうので、メリハリに欠けてしまいます。またサイズが合っていない洋服は、洗練された印象を与えず、子供っぽい雰囲気になってしまう可能性も。

一枚でピッタリしたトップスを着たくないほどバストが気になる場合は、小さめのカーディガンやボレロなどを羽織ったり、デコラティブなネックレスなどで視線を上に持ってくるなど、工夫してみてくださいね。

 

■3:デコルテや鎖骨で勝負する!

バストと同様に、女性の魅力のひとつであるのが、デコルテや鎖骨。

ピンと背筋を伸ばしたときに現れるデコルテの美しい曲線は、女性ならではの特徴的な形で、男性から「自分にはないセクシーな部分」「上品な色気にドキッとする」という声も多く挙がる、ひそかな大人気パーツです。

そこで、バストに自信がないからといって、デコルテや鎖骨まで隠したファッションをしてはもったいない!

キャミソールやチューブトップなどでの“いかにも肌魅せ”に抵抗がある場合は、緩やかな曲線で両肩に向けて横に広く開いている、浅い船底型をしたボートネックなどで、鎖骨やデコルテをキレイに魅せてくださいね!

 

ある程度の肉付きのいい体には、豊かな胸があっても、鎖骨は埋まってしまうなんてこともあります。

そこで小胸さんは、バスト以外のボディラインを程よく強調するトップスを選んだり、影とくぼみがハッキリ出る鎖骨で女性らしさをアピールするなどを工夫をしてみてはいかがでしょうか? 

華奢な体型を活かした美しい胸元づくりを、洋服選びで叶えてくださいね!