「いつまでも若い人」と思われるための首のシワ対策4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歳をとって老化現象が起きるのは、避けられないこと。しかし、わかっていても手の甲、目尻のシワ、ほうれい線などは目立つため、悩ましいですよね。

そこで今回は、中でもとくに年齢が出やすい“首のシワ”にフォーカスして、ケア方法をお伝えします。

首のシワは、加齢によるたるみが一番の原因と言われています。重力に逆らえなくなり、首を支える筋力の低下がネックラインにたるみやシワに生んでしまう、というわけです。

それでは、以下から首やデコルテを美しく保つ秘訣を4つご紹介します。

 

■1:とにかくマッサージ

クリームやオイルを使って、下から上に向かってマッサージしましょう。シワの原因となる乾燥を防ぐことができ、血液の循環を良くするので肌のターンオーバーを促進することにつながります。

また、マッサージするときは首だけではなく体全体の皮膚はつながっているので、頭皮や顔も一緒にケアすることがさらに効果的ですよ。そして今の時期は、肌のハリを保つためにも保湿はもちろん紫外線対策をしっかり行いましょう。

日焼け止めを顔にはしっかり塗っていても、意外にデコルテ部分は気にしていない方も多いので気をつけましょう。

 

■2:枕を使わないで寝る

“寝ジワ”といって、寝るときの姿勢が影響してシワになってしまうことを指します。首のシワを防ぐために寝るときに枕を使わないという方もここ最近多いですね。

枕を使うのならば頭部が首の下より安定する枕を使ったり、上を向いてあごを突き出して寝るなど、寝るときに工夫をしましょう。また枕ではなく、クリームを首に塗ってタオルを首に巻いて寝るのも効果的だとされています。

 

■3:首の筋肉トレーニング

重たい頭を支えてくれる筋肉の力が弱くなることで、たるみやシワの元になるといわれているので、首の筋肉やストレッチを行うこともポイント。

簡単な首の筋トレ法は、まず姿勢を正してゆっくりあごを上にあげていく方法です。このとき下あごを突き出すように首に力を入れ、首筋が浮き出るように行うことです。

そして5秒間キープし、これを5回行いましょう。周りの筋肉が鍛えられ首のシワはもちろんフェイスラインもすっきりしますよ。

 

■4:ラメパウダーでごまかす

これは、もうシワができてしまってなかなか取れない方にもおすすめ。ラメが入っているボディパウダーをデコルテに乗せるのです。こうすることで、人工的ですがキラキラしたツヤが発光されてツヤ肌が完成します。

メイクで使うアイシャドーのパールなども鎖骨の部分に横にサッと塗るだけでツヤっぽいデコルテを演出できますよ。

 

首元やデコルテラインをしっかりケアして自信を持ち、これからの夏に少しデコルテの開いた服を着てみてはいかがでしょうか? それだけで「いつまでも若い人」と思われること間違いなしですよ!

 

【関連記事】

ヒアルロン酸の130%の保水力!内閣総理大臣賞受賞の新成分とは?

※ オバさんに見える「おでこのしわ」が深~く刻まれるNG習慣5つ

※ 実は老化を早める!? 「長時間の読書と顔のたるみ」の意外な関係

※ 「働く女性」が一気に老ける!オフィスで禁断のNG習慣7つ

※ リップを塗って寝るのはNG!実は逆効果な「勘違スキンケア」5つ