いつもより何倍もかわいくなれる!超簡単な自分撮りテク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、FacebookやTwitter、ブログなどの人口が増えたため、知り合いがどこで何をしたのかをタイムリーに知ることができるようになりましたよね。

そんなソーシャルサービスを楽しくしているのは、“写真”の存在が大きいのではないでしょうか。風景や食べ物の写真はもちろんですが、「自分撮りした写真があるとついついじっくり見てしまう」という方も多いはず。

今回は、とくに自分撮りが苦手な人、必見! 簡単に、超かわいい“自分撮り写真を撮る方法”についてお話しします。

 

■自分撮りをするときの問題点

まず、携帯のカメラを使って自分撮りをするときには、以下のような問題点があります。

・顔が大きく見える

・上目づかいをしたつもりが、目つきが悪く映ってしまう

・肌荒れや開いた毛穴が映ってしまう

・緊張して不自然な表情になってしまう

しかし、逆にこれらの問題を解決できれば、苦手を克服してかわいい写真になるのです。そこで、これらを解決して“自分史上最高にかわいい写真が撮れちゃう方法”についてお伝えします。

 

■超簡単! かわいい自分を撮るテク

自分撮りが苦手という人は、騙されたと思って以下の手順を試してみてください。

(1)カメラを持ち、腕を真っ直ぐ前に伸ばす

(2)腕を20cm上に上げる

(3)そのまま腕を横に20cm開く

(4)カメラを持った手を自分に引き寄せ、頭のてっぺんに拳がひとつ入るくらいのスペースを保つ

これで自然と上目遣いになり、さらにアゴを引くことで小顔効果も期待できます。この基本動作をマスターしたら、以下の応用編も活用してみてください。

・手やコーヒーカップなど物を顔の近くに添えると小顔効果がある

・目や唇など自信のあるパーツを強調してみる

・フェイスラインが気になる人は、髪で上手に隠す

・わざと目線を外して、こなれた感じを演出する

 

自分撮りは恥ずかしさもあり、一度の撮影で気に入る写真が撮れないのが普通。納得がいくまで何度も撮り直しましょう。

また、写真を撮ったあとにホワイトバランスを修正できたり、スタンプを押してアレンジができるアプリもありますので、上手に使ってみては?

きっと見る人を楽しませられる1枚になるはずですよ!

 

関連記事】

※ 「たった3分」で驚異の差が!サロン並みに仕上げる朝ヘア時短ワザ

※ 痩せる上に親しみやすい人になれる「SNS投稿ダイエット」!?

※ 「それスマホで撮ったの?」と驚かせる写真を撮るシーン別のコツ

※ SNSで拡散されてもOKな「写真写り」になるためのテク7つ

※ 写真美人になるために「絶対やっちゃいけないNG行動」7つ