実は1秒間に350切れも食べられている?ピザに関する興味深い事実10個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア生まれのピザは今や世界の人気者。たくさんの味と、生地の形や厚さもたくさんの種類があるのも魅力ですよね。

宅配ピザのほうが日本では一般的かもしれませんが、自分で作っても意外と簡単。それなのに、失敗もなく、食卓を華やかにみせてくれるので、ホームパーティにもオススメです。

すっかりおなじみのピザですが、アメリカでは“3食ピザ”という人がいるくらい、ピザが好き。

そんなピザ大好きなアメリカのサイト『TipTopTens.com』から、ピザに関するびっくりするような事実をご紹介したいと思います!

 

■1:アメリカの食品業界では“冷めたピザ”がトレンドになっている

本当でしょうか? 食べたことがある人は是非、@bi_rangerまで教えてください。

 

■2:アメリカでは10月は全国ピザ月間

これにならって、10月生まれの人は例え日本人でもピザでお祝いするようにしてみてもいいかもしれませんね。

 

■3:世界で初めてのピッツェリアはナポリのアンティカ・ピッツエリアで1738年生まれ

その時、日本は江戸時代です。何だか歴史を感じますね。

 

■4:アメリカでは1秒間に350切れのピザが食べられている

本当でしょうか? スリムな人は食べないと聞いたことがありますが……。

 

■5:93%のアメリカ人は月に一度以上ピザを食べている

これも本当でしょうか!? でも、月に一度くらいならまだ信憑性がありますね。

 

■6:ドミノ・ピザのロゴに入っている3つの点は、最初の3つの店舗を表している

ロゴには面白いトリビアが隠されていることが多いですよね!

 

■7:世界で最大のピザは南アフリカで作られた

南アフリカのノーウッド・ハイパー・マーケットで作られたもの。重さ12トン、直径37メートルで900kgのソースと1,800kgのチーズが使われました。

 

■8:最も人気があるトッピングはペパロニ。全オーダーの36%を占めている

ペパロニはスパイスの効いたサラミです。トッピングにお肉、というのが意外すぎますね。

 

■9:アメリカ最大のピザ・チェーンはピザ・ハット

これはわかります。日本でも人気ですよね。

 

■10:最もピザが注文されるのは元旦、ハロウィン、感謝祭、そしてスーパーボウル・サンデー

アメリカの人にとってピザは、イベントに欠かせないご馳走のようです。

 

いかがでしたか? ピザって伝統的な食べ物なんですね。

ちなみに先日、アメリカの学校給食では、ピザは野菜に分類されるというニュースがありました。しかしもちろん、多くの人がこれに反論しています。

ピザは、炭水化物や油分の多い主食ですもんね。

 

【関連記事】

※ ウソ!「減量とシワ改善」を同時に叶える魔法のスイーツがあった

※ 恐怖でガクガク!生野菜を摂らないと体内年齢が11歳も老けるって

※ 超意外!体重がみるみる減るフルーツの「正しい食べ方」教えます

※ ゲェ!食べなきゃみるみる「老けてオバ顔」になる黄金野菜3選

※ 寒さが苦手な人は「根菜を食べるだけ」で冷え性バイバイできる

 

【参考】

10 Interesting Facts About Pizza – TipTopTens.com