食べても痩せられる!脂肪を撃退する食べ物トップ10【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中は、カロリーを取り過ぎないというのが鉄則ですが、長期間、食欲を抑えるというのは難しいものです。

しかし、ある種の食べ物は代謝を上げてより多く脂肪を燃やすことが研究によって明らかになっています。そう、これなら食べて痩せることができるんです!

これらの食べ物は、満腹感を与えるだけでなく、噛んで消化する間にカロリーを燃やす働きがあるとのこと。栄養価も高く、健康的な効果もあるのです。 

例えば、どんな食べ物にそういった効果があるのでしょうか?

アメリカのベストセラー作家リサ・コリアークールさんが『Yahoo! Health』ブログで書かれていた記事を参考に、脂肪を撃退する食べ物トップ10をお送りします。 

 

■1:トウガラシ

トウガラシの辛さのもと、カプサイシンは代謝を向上し、血糖値を下げます。たとえばチリ一人前で代謝を25%も向上するという研究結果もあります。

カナダの研究では、トウガラシ入りスナックとコーヒーを食べると、一日に1キロカロリー多く消費するようになったそうです。

 

■2:チョコレート

1,000人以上の成人を対象にした研究では、チョコレートをよく食べて運動すると、食べずに運動した人よりもBMIが下がることが分かっています。

カテキンなどの抗酸化剤によって細胞のエネルギー生成機能が高まります。しかし、お菓子は高カロリーなので、1回にとる量を30グラムほどにしたり、ココアパウダーを使うのがいいでしょう。

 

■3:乳製品

乳製品がダイエットの邪魔になるというのは間違いです。実際はその逆。テネシー大学の研究では、3食、乳製品をとることで肥満の人の脂肪率が減少することが分かりました。

また摂取し続けることで、脂肪や体重の減少を速めていく働きもあります。

 

■4:松の実

満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎます。2006年の研究では、食欲が29%減少、実際に食べた量が36%減少しました。

この効果は、松の実の脂肪酸が分解されるまでの約4時間の間持続します。

 

■5:グレープフルーツ

繊維を多く含み、オーストラリアの研究者が定める“満腹インデックス”が最も高い果物です。また、グレープフルーツ半分を毎食食べると、12週間で1.8kg (4ポンド)も体重が減少しました。

グレープフルーツはインシュリンをより効率よく使えるようにし、血糖値を保ちより多くカロリーを燃焼させます。

 

いかがでしたか? 代謝をあげるよう筋肉をつけながら、食事の面でも脂肪燃焼を狙っていきましょう! 後編では、残りの5つの食品をご紹介しますね。ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

※ あなたは食べたことある?世界の「おいしい料理」トップ10【前編】

※ あなたは食べたことある?世界の「おいしい料理」トップ10【後編】

※ ヘアケア剤より効果的?美しい髪を作る食べ物トップ10【前編】

※ ヘアケア剤より効果的?美しい髪を作る食べ物トップ10【後編】

 

【参考】

※ The Top 10 Fat-Blasting Foods – Yahoo! Health