朝のひと手間で「メイクを一日中キープする」超簡単なコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨から夏場は、湿度も温度も高くなって汗や皮脂の分泌が活発になる時期! メイク崩れが気になりますよね。汗や皮脂に強い下地やファンデも発売されていますが、実はメイク前、朝のスキンケアが重要なのです!

とは言っても、単なるスキンケアではなく、ポイントは肌をひんやり引き締めること。梅雨時や夏場は熱帯夜が多く、起きがけの肌はほてっています。

まずは肌をクールダウンさせて引き締めることで、フェイスラインがすっきりするだけでなく、皮脂や汗の分泌を抑えてメイクのもちをよくすることに繋がります。 

そこで今回は、一日メイクを崩さない、朝のひと手間としてオススメの美顔キープ法をご紹介します!

 

■朝にオススメな美顔キープ法

(1)化粧水でひんやりパッティング

時間が無い朝は、ミストタイプの化粧水を吹きかけて終了してしまいがちですが、メイク崩れを防ぐためには、化粧水の段階でのひと手間を惜しまないことがポイントです。

コットンに化粧水を含ませてパッティング。肌がひんやりとするまで行いましょう。

(2)乳液はハンドプレスで

化粧水で水分チャージしたら、水分が逃げないように乳液でフタを。顔全体につけ、マッサージするようになじませたら、手のひら全体で顔を覆うようにプレス。手の体温で浸透させることで、肌表面もベタつき知らずに!

(3)水ありファンデで引き締め!

スポンジを水に付け、ぎゅっとしぼります。このとき、水分が残り過ぎても、絞り過ぎて水分が無くなってしまうのもNG。適度な力で絞ったら、スポンジの半分くらいにファンデをつけ、すーっとフェイスラインから滑らすように塗っていきます。 

クマやくすみなど、気になる部分がある場合は、ファンデで隠そうとせず、事前にコンシーラーでカバーしておきましょう。ファンデで隠すと厚塗りになり、汗などで崩れやすくなってしまいます。

 

いつもより手間がかかる、と思うかもしれませんが、長い目で見ればメイクの持ちが歴然! 朝のひと手間を惜しまず、5分だけ早起きしてベースから崩さない肌をつくりましょう!

 

【関連記事】

※ 女の敵!ファンデーションの毛穴落ちを防ぐ3つの秘策

※ 3分で悲惨な毛穴から卒業できる「日中メイク直し」テク

※ メイク崩れなんて嫌!海でも落ちないメイクのコツ3つ

※ 有名メイク技術者「田中宏典」直伝のメイクくずれ防止法

 

【美肌シリーズ】

紫外線によるシミへ効く!?驚きの美白成分が配合された美容液!