あなたは食べたことある?世界の「おいしい料理」トップ10【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅先で各地のグルメを食べるのは、旅の楽しみのひとつですよね。「まったくおいしい料理がない」と揶揄されている国もありますが、世界にはどんな料理があるのでしょうか?

『HotelClub Travel Blog』のデーブ·エメリーさんの記事を参考に、世界で最もおいしく彩り豊かな料理をお伝えします。

これから紹介する料理は、どれも魅力的なものばかりです。 みなさんはいくつ食べたことがありますか? ぜひ旅行の思い出に浸りながら読んでみてください。

 

■10位:レバノン料理

中東料理のおいしさをもっとも凝縮しているのはレバノン料理でしょう。地中海周辺の食材、特に野菜を多く用い、肉は少な目、そして香りが豊か。

最も有名なのはディップや漬物、サラダや一口前菜とアラビア風のパンを盛り合わせたメッツェでしょう。

また多量の果物や新鮮な魚、海産物を使い、動物性脂肪は僅かです。レバノンはスイーツでも有名、特にトリポリは“スイーツの都”として知られています。

 

■9位:ギリシャ料理

オリーブオイルや野菜、ハーブなど地中海の産物を使っていて、トルコやイタリア料理の影響が見られます。

他国のギリシャ料理店で出されるものと、実際にギリシャで食べるものには少し違っていて、例えばギロと呼ばれるジャンクフードがあります。

レストランでは今や、伝統的な料理に加えて最新のトレンドをくわえたオリジナル料理をたっぷり用意しています。タベルナやエスティアトリオといった食堂も普及し、安くて正統なギリシャ料理を楽しむことができます。

 

■8位:スペイン料理

気軽に楽しめるのはスペイン料理です。様々な肉や魚、野菜などが使われています。周りの海で取れる海産物もふんだんに使われます。

西ヨーロッパ、中央ヨーロッパの中で最も油を使う料理でもあります。スペイン料理と最もよくあうのは、ワインと果物でできたサングリアです。

 

■7位:日本料理

季節によって変わる献立と材料の質の高さによって、世界中で流行しつつあります。どの料理にも白飯と大豆が使われているのが分かると思います。

ミシュランによれば、世界で最もおいしい料理が楽しめる都市は東京だそうです。

高級レストランの数もパリやロンドンの148軒に対し、東京には150軒もあるそうです。また、首都圏でなく田舎でおいしい店を探し出すのも楽しいものです。

 

■6位:メキシコ料理

様々なフレーバーのスパイスで有名なメキシコ料理は、スペイン料理とアステカ文化が出会った賜物です。現在のメキシコ料理はアステカ、マヤ、そしてスペインの伝統のコンビネーションなのです。

また、焼き菓子やボリロなどフランス料理の影響も受けています。

レストランを選ぶときは人気で選んで問題ありません。おいしいお店には人が集まるからです。イグアナ、昆虫、ガラガラヘビ、鹿、クモザルなどの珍しい食材も使われることがあります。

ファストフードが増えても、長い歴史に培われた食文化を大切にしたいものですね。

 

続く後編では、5~1位を発表します。お楽しみに!

 

【関連記事】

※ 何だこりゃ!? 世界の「変な食べ物ランキング」トップ10【1/3】

※ 何だこりゃ!? 世界の「変な食べ物ランキング」トップ10【2/3】

※ 何だこりゃ!? 世界の「変な食べ物ランキング」トップ10【3/3】

 

【参考】

※ Top 10 Most Tasty Cuisines in the World – HotelClub Travel Blog