危険!アメリカの「高カロリーなファストフード」トップ10【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファストフードといえば、お手軽な食ベものですが、その反面、栄養が乏しくカロリーが高いのも事実。しかし、その旋風は日本を含めて世界中に広がっています。

現代の肥満とも密接に関わる、ファストフード……。世界では、一体どんなファーストフードがあるのでしょうか。

今回は、ファストフード大国であるアメリカの雑誌『TIME』のニュースサイトから、“最悪”なファストフードトップ10をお送りします。

 

■10位:KFCのチキンボウル 700kcal

日本でも人気のKFC。日本でいう“丼もの”といったところでしょうか。

マッシュポテトの上に、一口大のクリスピーチキンをたくさんのせ、チーズとソースをかけています。一日の摂取カロリー量の3分の1のカロリーですが、油分が多すぎます。

 

■9位:チョップトのコブサラダ・ラップ 787kcal

ニューヨークやワシントンにある有名なラップサラダのチェーン店、チョップトのコブサラダ・ラップ。

サラダという名前に騙されてしまいますが、チーズ・ワッパー(チーズバーガー)よりもカロリーが高く、一日分の許容量を超える380mgのコレステロールが含まれています。

 

■8位:バーガー・キングのオレオ・サンデー・シェイク(22オンス) 980kcal

クリーミーなアイスクリームのうえに砕いたオレオクッキーを振りかけたデザート。ストロベリーアイスのMサイズで21gの飽和脂肪酸が含まれており、これも一日の摂取量を超えています。

 

■7位:アップルビーのケサディーヤ・バーガー 1,440kcal

レタスの千切り、トマトとジューシーなお肉をトルティーヤで包んだケサディーヤバーガー。メキシコ料理発祥のファストフード。

アップルビーの定番アイテムですが、4,410mgのナトリウムを含んでいて、これは一日の摂取量の約2倍にもなります。

 

■6位:スターバックスのヘーゼルナッツ・シグネチャー・ホットチョコレート 600kcal

ホットチョコにクリームとヘーゼルナッツがトッピングされたアメリカの朝の定番メニュー。しかし、これ1杯で一日に必要なカロリーの4分の1になってしまいます。毎朝飲むのは危険!

手頃なのでついつい利用してしまうファストフードですが、クセになるので注意が必要です。カロリーだけでなく栄養価も低いので、続けていると肌や髪に影響が出てきそうです。

 

 続いて後編では、5位~1位をお送りします。お楽しみに!

 

【関連記事】

※ 驚愕のデータ…意外すぎる「高カロリー果物」ランキング

※ 「高カロリーな食事している国ランキング」1位はどこ?

※ 実はアレも危険だった?「高カロリーな食べ物」トップ10【前編】

※ 実はアレも危険だった?「高カロリーな食べ物」トップ10【後編】

 

【参考】

※  Top 10 Worst Fast-Food Meals – TIME