普段はOKでも会社だとみんなに嫌われる「NGな癖」20個【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分では気にならないクセやしぐさでも、会社では悲しくも“ダメ社員”としての印象を与えてしまいます。早めの改善が大切です。

前編に引き続き、マナー講師が「絶対に直すべき」と考えるクセとしぐさについて、残りの10個をお伝えします。

 

■会社でNGな嫌われるクセやしぐさ20個

(11)携帯電話をいじる

最近、芸能ニュースで挨拶もせずにずっと携帯電話をいじっていたAKB48の板野友美さんに対し「無礼だ」と思った和田アキ子さんが携帯電話を真っ二つに折った、なんてエピソードが話題になりましたよね。

直接の原因は“挨拶をしなかったこと”でしょうが、一緒にいる時に携帯電話をいじる人は許せないという人も多いのです。それは、会社でも同じこと。特に会社ではプライベートなことを気にしていると思われてしまいます。

(12)ペンを回す・カチカチ鳴らす

落ち着きがない印象を与えてしまいます。

(13)ガサガサ音をたてる

物を置くときや行動するときは素早く・スマートに・かつ静かに行いましょう。

(14)片手で物の受け渡しをする

どんなに忙しくても、正対(相手の方に姿勢と目線を正す)し、両手で丁寧に渡すことが大切です。またその際、書類などは相手が読みやすいように渡すと“できる社会人”として一目置かれます。

(15)鼻歌を歌う

集中していない印象を与えてしまいます。

(16)整理整頓ができない

周囲に「ミスをしても当たり前」と思われてしまいます。重要な仕事を任せてもらえない可能性が大です。机の上が散らかっている人は、今すぐに整理整頓しましょう。

(17)口癖が「忙しい」

どんなに周りに“忙しい”をアピールしても、周りにはただ段取りが悪いとしか思われないのです。

(18)ポケットに手を入れる

 周囲にだらしない印象を与えます。

(19)スキンシップがやたらと多い

 どんなに親しき仲にも礼儀ありです。調子に乗っている印象を与えてしまいます。

(20)早口

落ち着きがなくせわしない印象を与えてしまいます。特に電話になると早口になってしまう人が多いので要注意です。

 

いかがでしたか? 新生活に慣れたからといって油断してはいけません。

慣れた頃にミスやトラブルも起きやすいもの。自分では気付きにくいクセやしぐさを意識して見直したり、周りの人に注意していただき、直していきましょう。

それだけで、これからの社会人生活がもっともっと楽しくなるはずですよ!

 

【関連記事】

※ 実は普段OKでも就活やオフィスだと悪印象な「NGメイク」

※ 働く女性はわずか「2時間22分で美の賞味期限」が切れる

※ 実は超厳しい…女性の会社での格好について男性の本音

※ 体重を気にする女性は「仕事で成功しない」ことが判明!

 

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ