実はたんぽぽをお茶にするとスゴイ!知られざる効能14個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この季節、咲き誇る花々に心を癒されますよね。特に、3月中旬から5月末にかけて、どこででも見かけることのできるポピュラーな花、“たんぽぽ”が元気いっぱいに咲いていて、ついつい目を奪われてしまいませんか?

実はこのたんぽぽには驚くべき優れた効能があるのです。あまり広く認知されていませんが、実は古代中国やヨーロッパではその薬効が知られており、中国では古くから健康維持や美容のために漢方薬として利用され続けてきました。

そんなたんぽぽを使った“たんぽぽ茶”は、あの人気女優・篠原涼子さんも冷え性改善と美肌のために愛飲されているそうです。

もちろん、愛飲しているのは篠原さんだけではありません。天然の健康茶として副作用の心配がないため、赤ちゃんからご年配の方まで、幅広い年齢層で日常的に飲まれています。

しかし、たんぽぽの花は知っていても、そのお茶のことはあまりよく知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、意外とすごいたんぽぽ茶について、以下から詳しく説明していきます。

 

■たんぽぽ茶の優れた効能は“たんぽぽT1エキス”にあった!

何でたんぽぽ茶が健康や美容にいいのか? それは、“たんぽぽT1エキス”が含まれているおかげです。

この成分は、良質なたんぽぽの葉60kgから僅か1gしかとれない、とても貴重で特殊な成分。ホルモン分泌を促したり、臓器の働きを高めたりしてくれます。

このような素晴らしい働きをしてくれる成分が含まれているため、体に嬉しい効能が複数あるというわけです。効能については、冒頭でお伝えした“冷え症”や“美肌”もそうなのですが、まだまだたくさんあります。

具体的には、以下の14個の効能があると言われています。

 

■たんぽぽ茶の知られざる効能14個

1:催乳薬(母乳の出をよくする薬) として、妊婦さんの強い味方

2:不妊治療に役立つ(ホルモンバランスを調整し、排卵機能の活性化につなげる)

3:生理不順・生理周期を規則正しく整える

4:生理痛を改善(子宮内の毛細血管を拡張し、血流を増加させ、下腹部の冷えを取り除く)

5:冷え性改善に役立つ(体を温め新陳代謝・血液循環を活発にする)

6:解熱作用

7:解毒作用(ニキビ・アレルギー・アトピー肌の改善にも効果を期待できる)

8:整腸作用で便秘改善

9:利尿作用を高める(血糖値を正常に整えることが期待できる)

10:肝炎ウイルスやガン細胞の増殖を抑える

11:緑内障に効果的

12:高血圧に苦しんでいる方の役に立つ

13:炎症を抑える働きがあるので火傷の改善にも効果的

14:脂肪の燃焼効果

 

たんぽぽ茶にこのような効能があるなんて、驚きですよね。

初めて知った方には馴染みがないと思いますが、オーガニックフード系のお店では、メニューにたんぽぽ茶があるところも多いです。お茶だけでなくたんぽぽのコーヒーなどもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに現在、ヨーロッパではたんぽぽの葉をサラダにしたり、スープにしたりして日常的に食されています。

そして日本では、国内の病院が次々にたんぽぽT1エキスの採用を始めているそうです。これからも、たんぽぽの秘められた効能に期待したいですね。