過酷ダイエットは卒業!幸せを感じながら痩せる方法3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットの時、もっともストレスになるのが食欲との戦いではないでしょうか。我慢をすることでイライラが溜まり、結果どか食いしてしまう……。

今回は、そんな悩みを一気に解決する、“セロトニン(幸せホルモン)を分泌して食欲を抑える方法”を3つご紹介します。

こちらは、簡単な動作だったり、五感を使ったものだったりと、誰でもすぐ取り入れられる方法ばかりなので、ダイエットが辛くて続かない人は必見ですよ!

 

■1:ガムを噛む

食事からセロトニンを作るには、その材料となるトリプトファン(アミノ酸の一種)を摂ると良いと言われています。しかし、トリプトファンを含む食材は、ナッツ類や乳製品などカロリーが高いものが多く、ダイエット向きとは言い難いです。

でも、大丈夫! 他にもセロトニンを出す技として“リズム運動”というものがあります。実は、ガムを噛む行為もリズム運動のひとつになるので、トリプトファンを摂取するより、ガムを噛むリズムでセロトニン分泌を促した方が、カロリーも抑えられます。

また、ガムを噛むことでヒスタミンという物質も分泌されます。

ヒスタミンは体内に入ると鼻づまりやかゆみなどのアレルギー症状を引き起こしますが、脳の中では満腹中枢を刺激してくれる働きと、さらに体脂肪を減らす働きもあります。

つまり、ガムを噛むことは、癒され、満腹感も感じられ、ついでに体脂肪まで減らせるお得なダイエット法なのです。

 

■2:だしの香りを嗅ぐ

だしの香りには、一度食べたら脳から快楽物質が生じてやみつきになる効果があることが、京都大学農学研究科の研究によって、わかりました。

人間は本能として、生きていくために「油分や糖分を摂取しよう」という欲求があるのですが、この欲求に打ち勝つ香りとして取り入れていくことで、カロリーを抑えることができます。

また、だしとしてよく使われているカツオですが、ヒスタミンと似た役割を持つヒスチジンが多く含まれているので、摂取すると満腹感を得やすく、ダイエット効果がさらに期待できます。

 

■3:お茶の香りを嗅ぐ

お茶の香り“青葉アルコール”と呼ばれる成分には、ストレスを軽減させたり、抗疲労効果があるということが認められています。これでストレスによるヤケ食いは抑えられますね。

もちろん、お茶を飲むことでも、食事で摂取した脂肪や糖の吸収が抑制されます。

 

噛むリズムや香りを利用することで、癒されながらダイエットできるなんて、嬉しいですね。

自分に合った無理のないダイエットを習慣化すると、成功につながります。ダイエットが辛いときは、是非試してみて下さい!

 

【関連記事】

※ 信じられないほどダイエット効果が倍増する必殺技10個【前編】

※ 信じられないほどダイエット効果が倍増する必殺技10個【後編】

※ ショック!なんとリバウンドは「1年続く」ことが明らかに

※ 食事制限は週たった2日でOK!? 研究で判明した効率的な減量法

 

【参考】

※ 登山とセロトニン—登山は脳を活性化する – 東邦大学医学部統合生理学 有田秀穂

※ やみつきを支配する旨味の科学 – 京都大学農学研究科 伏木亨

※ 青葉アルデヒド及び青葉アルコールは抗ストレス作用をもつ可能性がある – 富山大学工学部電気電子システム工学科 佐々木和男ら