ヘアケア剤より効果的?美しい髪を作る食べ物トップ10【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「わかめを食べると髪の毛がキレイになる」と昔からいいますが、健康的な髪の毛のためには表面的なケアだけでなく、髪の栄養となる食事が重要です。

シカゴの管理栄養士で研究者のドーン・ジャクソン・ブラットナーさんは、「髪の毛は1ヶ月で6mm~1.3cm程伸びます。その新しい髪のもととなるのは、食事によって摂取される栄養素。健康的な食事は力強い細胞を生み出し、健康的な髪の毛が育ちます」と話します。

美しい髪のためには、“タンパク質や鉄分を含むバランスの取れた食事”が欠かせません。

では実際にどんな食べ物が髪によいのでしょうか? 健康な髪のもととなる食べ物トップ10をご紹介します!

 

■10位:ニンジン

ニンジンは、頭皮の健康を保つために必要なビタミンAが豊富。

頭皮の健康は、美髪には欠かせないものなので、ニンジンスナックや、サラダのトッピングにニンジンを使うなど、食生活に取り入れてみましょう。

 

■9位:低脂肪乳製品

スキムミルクやヨーグルトのような低脂肪乳製品は、髪の成長に必要なミネラルであるカルシウムを、多量に含みます。またホエーとカゼインという、二種類の高品質なプロテインを含んでします。

お出かけの際にはヨーグルトやカッテージチーズをバッグに持ち歩くことも、美髪のためにはオススメです。あわせてスプーン2杯の亜麻仁油やクルミを食べ、オメガ3脂肪酸や亜鉛を摂取するとさらに効果的です。

 

■8位:牡蠣

牡蠣は強精剤として良く知られていますが、健康な髪も育ててくれます。精力アップと髪を育てるパワーの秘密は亜鉛で、亜鉛は強力な酸化防止成分でもあるのです。

牡蠣や全粒穀物、ナッツを定期的に食べる事が出来なかったとしても、亜鉛は牛肉や羊肉からでも摂取できます。

 

■7位:全粒穀物

全粒粉のパンや全粒穀物を加えた食品には髪によい亜鉛や鉄分、ビタミンB群といった栄養素が豊富。おやつ代わりにもオススメです。

 

■6位:卵

タンパク源は健康な髪には不可欠で、卵はどんな調理法でも有能なタンパク源になります。

また、美容にとても重要な栄養素であるビオチンやビタミンB-12を多く含んでいます。

 

手っ取り早く栄養を補給しようとサプリメントを考える人がいるかもしれませんが、これは逆効果になるかも。必要な栄養素は、サプリからではなく食べ物から摂ったほうが良さそうです。

その理由を、カルフォルニア州ソラーノの皮膚科医学博士パラディ・ミルミラーニさんは「稀なケースですが、ビタミンAのようなある特定の栄養素を過剰に摂取すると、抜け毛につながることもあります」と語っています。

ダイエット中でも食事から髪によい栄養を補うのをお忘れなく! 続く【後編】では5~1位を発表します。お楽しみに!

 

【関連記事】

実は効果絶大?「髪のトラブルが防げる」成分4つ【食べ物編】

いつまでも若くいたいよね?髪の毛で若返る7つのコツ

ヘアケア剤は不要!傷んだ髪を内側から変える簡単テク【美容食特集】

20代女性でも抜け毛に注意!手遅れになる前の頭皮ケア【栄養成分編】

 

【参考】

※ Top 10 Foods for Healthy Hair – WebMD

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ